勉強のお話

やる気を左右させる原因は小さな〇〇

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。れおなです。

 

勉強や仕事に対してモチベーションや、やる気が出ない時ってありますよね?

 

実はモチベーション、やる気はその場の感覚というよりは

「小さな勝利や敗北」によって左右されているそうです。

 

メンタリストDaiGoさんが興味深い内容を話していたので、記事としてまとめてみました。

というわけでカンタンに解説していきます。

 

人は前に進んでいる感覚があるとモチベーションがあがる

やる気やモチベーションを左右する要因は色々ありますが、人間は

「前に進んでいる感覚があるとやる気がでてくる」と言われています。

 

実際にこういう実験が行われたようです。

◆スタンプカードの実験

・Aグループ⇨スタンプが10個たまるとコーヒーがもらえる

・Bグループ⇨スタンプが12個たまるとコーヒーがもらえる。
ただしすでにスタンプが2個押されている状態でスタート。

どちらのグループも追加で

あと10個スタンプを集めればコーヒーがもらえるので条件としては一緒ですよね。

でも結果としてはBグループの方がスタンプがたまるスピードは早かったそう。

 

つまり、前に進んでいる感覚があったのでスタンプをためるモチベーションが高かったわけです。

 

なんとなく感覚でわかると思いますがゴール設定をしてそれが近づいてくると

れおな
れおな
「あとちょっとだから頑張ろう!」

という気持ちになりますよね。

 

だから自分にとって意味のある仕事や勉強が進んでいれば、やる気もでるし継続もしやすくなるってことです。

 

大きな目標より小さな目標設定することが大事

もちろん大きな目標を持つことは大切なことですが、

目標が大きすぎると達成するのが難しそうに感じて逆にモチベーションはあがりません。

 

逆に「ちょっと頑張ればクリアできるかな?」ぐらいの小さな目標を毎日積み重ねていったほうが、モチベーションはあがるし結果的に大きな目標に到達することができることになります。

 

逆に小さい敗北を重ねていくことは悪影響になる

ムダにやる気がある人、大きすぎる目標をたてがちの人は注意が必要。

 

毎日の「ちょっとした挫折」や「少し到達できなかった…」という感覚を持つことでモチベーションが削ぎ落とされていきます。

 

「小さな勝利」はモチベーションアップや自己成長につながりやすくなる反面、

「小さな敗北」はますますやる気がなくなり自堕落になってしまう危険性があるということ。

 

だからこそムリのあるスケジュールや計画は立てちゃダメってことですね。

 

大きな目標を持つことは必要ですが、毎日やる行動としては「小さな勝利」を感じられるぐらいに設定したほうがよいそうです。

モチベーションをアップさせるためのコツ

① 記録をつける

小さなことでもいいので「自分が前に進めた!」とわかるように毎日記録をつけます。

 

例えば

・英語のフレーズを1日1個おぼえる
・ブログを毎日1記事書く

などカンタンな目標を達成できたら、ノートに「できたかどうか」や「一言コメント」を残していくようにします。

 

英語のフレーズを1日1個おぼえるのはカンタンにできそうですが、1ヶ月つづければ30個も覚えたことになりますよね。

 

30個も覚えれば色んなシーンで役立てることもできるし、

「自分はこんなに覚えたんだ!」

と達成感もあり、さらにモチベーションはあがっていきます。

 

ダイエットなんかも同じで記録しているかどうかで目標に到達できる確率は変わってきます。

 

② 目標を小さくする

目標は必ずムリなくこなしていけるレベル設定にしましょう。

 

・1ヶ月で日常会話を話せるレベルになる
・ブログを1日10記事書く

というのは出来たらスゴイとは思いますが、かなりハードルは高いですよね。

 

ボク今は毎日ブログを書いていますが、正直1記事でも結構大変です。

10記事とか絶対ムリですもん(笑)

 

こういう高すぎる目標だと間違いなく「小さな敗北」を積み重ねてしまって、結局は何も得られないまま挫折していく…という結末になります。

 

「小さな成功」で前に進んでいる感覚を得るためにも、確実にクリアできるくらいのレベル設定にしましょう。

 

③ 工夫する

仕事や勉強で成果を出したいと思ったら工夫することも大切。

 

「工夫をしている」ということは積極的に動けている証拠なので、モチベーションは高い状態にあります。

 

例えば工夫をして失敗したとしても

「ここはこうすればよかったのか!」

「前のやり方のほうがよかったな!」

と自分なりに学ぶことができ「次はこうしてみよう!」とさらにやる気もあがります。

 

また工夫をして成果がでれば成長を実感するので、この場合もやる気はあがっていきます。

 

まとめ

やる気を左右させる原因

① 前に進んでいる感覚がやる気をあげてくれる
② 大きな目標より小さな目標設定することが大事
③ 「小さな勝利」と「小さな敗北」は影響が大きい

モチベーションをアップさせるためのコツ

① 記録をつける
② 目標を小さくする
③ 工夫する

 

モチベーションをカンタンにあげる3つの方法どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。 勉強や仕事でもそうですがモチベーションが下がっているとなかなか行動って...
新年の目標を達成できるのはわずか8%!目標達成するための5つのコツどうも、ミニマリストのれおな(@REONA31)です。 2019年もあけましておめでとうございます! 今年もこの【れ...
こちらの記事もおすすめ!