ガジェット

Etorenで格安スマホを個人輸入してみた

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

今回は「Xiaomi Mi A2 Lite」というスマホを買ってみた!というお話です。

 

海外のサイトからガジェットを買うのは数回ありますが、最近って到着するのめちゃくちゃ速くてびっくりしました。

購入方法や到着までの追跡結果は別の記事で紹介するとして今回は購入したブツを軽く紹介してみたいと思います。

格安スマホを使ってみたいなぁって人の参考になれば幸いです。

 

Xiaomi Mi A2 Lite

今回購入したのは『Xiaomi』という中国企業のスマホです。

 

知っている人は知っていると思いますが、アップル製品のデザインをごっそりパクってシェアを伸ばしている企業ですね。

 

今のところ日本でのスマホ展開はやっていませんが、 スマートウォッチがビックカメラで購入できるようになりました。

まだわかりませんが勢いのある企業なので、そのうち日本でも普通にスマホが販売される可能性はあります。

ちなみに今回買ったのはミッドレンジモデル。

3Dゴリゴリのゲームをやるにはちょっとキビシイですが、SNSを使ったりビジネス用途なら十分なスペック。

 

てことで軽く紹介したいと思います。

シンガポールからはるばるやってきた

海外の配送業者は適当なことで有名ですが、今回もわりと適当でしたね(笑)

 

梱包材(ぺらぺらのプチプチ)が申し訳程度に入っているだけでしたが、商品にはガッツリプチプチが巻いてあったのでたぶん問題ないはず。

もちろん新品未開封でパッケージはこんな感じ。

海外サイトでスマホを買うと開封されていることが結構あります。

理由としては、独自のアプリをインストールしてたりするみたいですが今回のはまっさらな新品で安心しました。

OSは「素のAndroid」として知られる【androidone】です。

 

メーカーによるカスタムがされていないので、シンプルで使いやすいのが特徴。

箱をあけるとこんな感じ⇩

同梱品は

① スマホ本体
② クリアケース
③ USBケーブル
④ USBアダプタ(海外仕様)
⑤ 説明書
⑥ simピン

USBアダプタに関しては海外仕様なのでそのまま使うことができません。

変換アダプタをかませば使えますがそこまでして使う必要ないので処分ですね。

中華スマホの特徴の1つでもある「最初からケースがついてくる」という謎ルールも見事達成。

スマホは裸で使う派ですが、汚くなるまで使ってみることにします。

マニュアルはペラペラのものが2枚。

手に持ってみるとこんな感じ。でかすぎず丁度いいかも。

iPhone5Sと比較するとこんな感じ。

さすがにここと比べるとけっこう大きく見えますが今となってはiPhone5サイズってめちゃめちゃ小さいだけです。

使い心地はどう?

到着して色々設定しつつ2時間程度使ってみましたが、まったく問題なし!!

 

てか、これが1.7万円だと思うと中国メーカーすごすぎるなと思います。

正直ゲームやらない人ならこれでもオーバースペックな気がするくらい快適に使える印象。

こういうのにみんな気づき始めちゃったからiPhoneの売上も落ちてきているんでしょうね。

こちらの記事もおすすめ!