習慣

『やりたいことがありすぎて結局なにもできない時』の対処法をまとめてみた

どうも、やる気ゲージほぼゼロのれおな(@REONA31)です。

 

少しまえに体調を崩してから(カゼみたいな花粉症みたいな感じ)やる気急降下中。

 

体調不良もありますが、自分は定期的に「やる気おきない病」を発症するクセがあります。

 

頑張ろうと思えば思うほどあせってしまい⇩

れおな
れおな
「やりたいことが多すぎてほとんどなにもやってねぇ!」

という状態になりがちです。

 

てことで、少しでもやる気を復活させるために「たくさんの作業をこなしていくための対処法」をまとめることにします。

 

原因:やることが多すぎると脳がパニクる

やる気がおきない最大の原因は「やることが多すぎる」ってこと。

 

「あれもこれもやりたい」とタスクを増やしすぎると、結局何をやればいいのかわからなくなり路頭に迷ってしまいます。

 

ていうか今まさにその状態です(笑)

こんな時にやるべきことは…

 

◆やるべきタスクをリストアップする

頭の中でフワッと考えているだけだと

れおな
れおな
「作業多すぎるだろ!」

と混乱してしまい何も手つかずになってしまいます。なので⇩

 

とにかくやりたいことを全部紙に書き出します。

 

作業内容を思いつく限り箇条書きしていくだけ。

ちなみにスマホやパソコンのメモでもいいと思いますが、個人的には紙のほうが効果があると思います。

 

スマホやパソコンのメモだとアプリを開かないと見えないので、忘れてしまうんですよね。

ノートやメモ帳に書いて、開いておくか机に貼っておけば忘れることはありません。

 

◆リストアップできたら優先順に並び替える

作業内容のリストアップができたら、優先度が高い順に並び替えます。

 

紙に書き出すことで「どんな作業をしたいのか?」が明確になるので、次はその優先度を決めていきましょう。

 

これが頭の中で考えているだけだと、なかなか並び替えってできないんですよね。

 

ちなみに優先度がそこまで変わらない作業なら、面倒くさいものを先につぶしていくほうがいいと思います(経験上)

めんどうな作業って先延ばしする傾向にあるので面倒な作業ほど優先度を高くしておくとあとで楽できます。

 

◆並び替えたらリストの上から片付けていく

「やるべきこと」「作業の優先順位」が決まったら、あとはリストの上からひとつずつ片付けていくだけです。

 

この時に絶対やってはダメなのが「リストに書いていない作業をやること」

 

これをやってしまうとリストの意味がなくなってしまうので、リストが完了するまでは他の事には手を出しちゃダメです。

 

◆大量のタスクをこなすためには…

大量のタスクをこなすアイデア

① やるべきタスクをリストアップする
② リストアップできたら優先順に並び替える
③ 並び替えたらあとは上から片付けていく

やる気がおきない原因を考えてみたら、リスト化していないことに気づきました。

前は次の日にやることをある程度メモして用意していたんですが、最近なぜかやらなくなってたんですよね…

 

それでまたやりたいことが微妙に増えているので、頭が混乱してやる気がでない状態になっていたんだと思います。

 

最近パソコンの中もデータがゴチャゴチャしているので、少しデジタルのほうも断捨離したほうが良さそう。

というわけで今から、リストを作って明日に備えたいと思います。

これでやる気が復活してくれたらいいなぁ~

ってことで、また!

こちらの記事もおすすめ!