ミニマリズム

夏が1年で1番断捨離に向いている4つの理由

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

今回のテーマは『夏の断捨離』について。

 

ミニマリストになってから4~5年経ちますがこれまでの経験上、一番モノを処分しやすい季節は夏だと思います。

 

基本的に1年中「何かを断捨離しよう」っていう意識はありますが、夏は断捨離がしやすい季節っていうことに気づいたんですよね。

 

てことで、今回は夏が断捨離に向いている4つの理由をお話していきたいと思います。

 

①夏はモノが少なくて平気な季節

ミニマリストの部屋は基本的にモノが少ないですが、夏になるとより一層モノが減ります。

 

暖房器具も必要ないし、服も薄着になるので部屋の中がシンプルになりやすいんですよね。

 

夏になると使わなくなるモノの例を出すと⇩

① 厚手のコートやダウン
② 毛布などの寝具
③ こたつ、ストーブ等の暖房器具

冬場はとにかく寒いので暖を取るためのアイテムが必須になります。

場所もとるしかさばるものが多いので、どうしてもモノが増えてしまう。

 

その点夏は、Tシャツ短パン&エアコンがあればOK!みたいな感じなので断捨離するには最高に向いている季節だといえます。

 

②夏は掃除がしやすい

夏は掃除するのにストレスが最も少ない季節だと思います。

 

気温が高くなれば汚れも浮きやすくなるので、拭き掃除が楽になるんですよね。

 

あとはやっぱり窓を開けて換気もしやすい(けっこう重要!)

 

寒い時期だとどうしても窓を開けっ放しにして換気するのは気が引けますが、夏なら余裕です(真夏だとキツイけど)

 

あとは水を使った掃除も冬と比べると気軽にできるっていうのもメリットの1つです。

極寒の中ぞうきんがけや、外での窓拭きとかホントに地獄ですからね…

 

断捨離をするとどうしてもセットで掃除が必要になるので、どうせなら掃除しやすい夏がオススメです。

 

③去年の秋冬に着なかった洋服を処分しやすい

暖かくなってきて断捨離をやりやすいのが「秋冬モノの服」です。その理由は⇩

 

処分するための判断が楽だから。

 

去年の秋冬に一度も着てない服は処分しちゃいましょう。

おそらく次のシーズンも着ることはないので即捨てで平気です。

 

あと捨てる基準としては「数回着たけど、気分があがらない服」も捨ててOK。

捨てたほうが気分的にも絶対スッキリします。

 

少しもったいないような気もしますが、

れおな
れおな
次の冬までにお金をためてお気に入りの一着を買うぞ!

と目標をたてるのがオススメ。

このほうがお気に入りのモノに囲まれる理想の生活になるし、ちょっとした向上心も生まれます。

 

まぁボクの場合捨てすぎて季節の変わり目に「着る服がねぇええ!!」っていう事態におちいるんですけどね(笑)

 

④冬に使わなかったモノも断捨離できる

これも洋服と同じ考え方です。

 

冬に使わなかった暖房器具や食器、季節モノの装飾品(クリスマスツリーとか)があれば処分しちゃいましょう。

新しく買ってみたものの使い勝手が悪かったり、デザインがイマイチなモノも手放したほうがいいと思います。

 

断捨離せずに寒くなってくると

れおな
れおな
「あんまり気に入ってないけど、今年もとりあえずこれで…」

みたいな感じで妥協して使う羽目になります。

モノを大切に使うっていう点ではいいと思いますが、精神衛生上あまりよろしくありません。

 

それより自分が本当に気に入っているモノを探して使ったほうが生活の質は上がるので、夏の使わない時期に思い切って処分しちゃいましょう。

季節モノはオフシーズンに勢いで断捨離しないと、なかなか処分できないですからね。

 

まとめ

夏が1年で一番断捨離に向いている4つの理由

① 夏は使うモノが減らせるから断捨離しやすい
② 夏は掃除がしやすい。勢いで断捨離もやろう
③ 秋冬に着なかった服は全捨てでOK
③ 冬に使っていない、気に入ってないモノも全捨てでOK

 

こちらの記事もおすすめ!