健康

スタンディングデスクの効果とメリット!座りすぎは寿命が縮むぞ!

ども。れおなです。

 

今回は使っている人も少しずつ増えてきた

【スタンディングデスク】のお話です。

 

日本ではまだまだ採用している企業は少ないですが、「グーグル」や「フェイスブック」等で導入されているので注目している人も多いと思います。

 

なぜ世界のトップを走る企業がスタンディングデスクを採用しているんでしょう?

長時間すわって作業するのは体にわるい?!

ボクもそうなんですが、長時間座って作業しているとどうしても【腰】が痛くなります。

 

そしてデスクワーク中心の人は運動不足の人が多いはず。

習慣的に運動をしていれば問題ありませんが

 

1日に6時間以上座って作業する人は、心臓病の危険性が64%以上高まり寿命が7年も短くなる

という研究結果もあります(怖!!)

 

そして、座り続けることで筋力低下⇨さらに運動をしなくなる

という悪循環が完成してしまうんですな。

 

せっかく豊かになるために働いてるのに、それで寿命が短くなっているなんてシャレになりません。

デスクワークで寿命を減らさないコツ

ただし、こういったデスクワークでも次のようなことをすると改善されるそうです。

・1時間に一度たつこと
・1日に30分体を動かすこと

集中していると1時間以上座って作業することなんてザラにあるし1日30分以上、体を動かすというのも意識的に行動しないとなかなか・・・

 

通勤で歩くよ!という人も「30分以上歩くか?」となると怪しいですもんね。

 

一駅分を歩くとかしないと達成するのは実は難しいんですよね。

スタンディングデスクは姿勢もよくなって集中力もあがる

運動をすれば座りすぎの害を改善できますが、スタンディングデスクならもっと手軽に改善できます。

 

・足の筋力も落ちない
・良い姿勢を保てる
・集中力も上がる

 

といいことずくめです。

 

ちなみに姿勢が悪い人は脳の覚醒度が低いという研究もあります(脳がしっかり起きてないらしい)

 

脳が起きてないときには、体の中心部の筋肉の活動が低下し、そのせいで体をまっすぐに保つことができないから、姿勢が悪くなるというメカニズムだそう。

 

イメージしてみると分かりますが

 

成績のいい生徒や仕事のできる人って姿勢が良い人が多いんです。

 

もし今、姿勢が悪かったらシャキッと!してみてください。

たったそれだけで頭が少しスッキリするはずです。

集中力を上げるには高さ調節が重要!

立って作業をすれば眠気も気になりにくいし、自然と足も動かすので気分転換になり集中しやすくなります。

 

ちなみに集中力をあげるために重要なのが

「机の高さとイスの高さ」です。

 

普通の机の場合、身長と机の高さが合っていないと、めちゃくちゃ疲れますよね。

 

腰も首も肩も痛くなって、勉強や仕事どころじゃなくなります。

 

机とイスのセットとなると、なかなか自分の体に最適なものを選ぶのはハードルが上がります。

 

ビジネスチェアなら高さを手軽に変えられますが机はなかなかそうはいかないですから。

 

スタンディングデスクならデスクの高さだけなので、調整がしやすいんです。

 

イスも必要ないので、自分に最適な高さに調整すれば首や肩や腰の痛みはかなり軽減できるはず。

 

とはいえ、高さの設定はかなり重要です。

 

適当に高さを合わせるとスタンディングデスクを使っても疲れが改善されないので自分にあった高さをちゃんと調べて設定したほうがいいです。

 

「バウヒュッテ」のスタンディングデスクは、高さを自由に設定できるので普通の机として使えるのもメリット。

 

ボクも引っ越しするまで2年くらい使ってました。

まとめ

座りすぎで死にたくなかったら、毎日30分運動するかスタンディングデスクを使う!

 

バウヒュッテのスタンディングデスクは価格も安くて導入はしやすいと思います。

 

ただ高さ調節が結構大変(かなり頑丈)なので、懐に余裕がある人は電動で調節できるもののほうがオススメです。

 

結構高いけどね(笑)

[amazonjs asin=”B018RT08IY” locale=”JP” title=”Bauhutte (バウヒュッテ) 昇降式 スタンディングデスク (幅70cm×奥行45cm) BHD-700″]

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です