ミニマリズム

シンプルなモノのほうが長く使える3つの理由

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

ミニマリストはシンプルなモノが好きな人が多いと思いますが、ボクもその一人。

装飾がオシャレだとか多機能なモノも嫌いじゃないけど、行き着く先はやっぱりシンプルが一番!!

 

ってことで、今回は”シンプルなモノのほうが長く使える理由”を解説してみたいと思います!

 

① シンプルデザインのほうが飽きない

② 構造がシンプルなモノは壊れにくい

③ シンプルなモノはメンテがしやすい

① シンプルデザインのほうが飽きない

これについては色んな意見がありそうですが、個人的にはシンプルなデザインのもののほうが長く使えると思ってます。

 

飽きないというか「嫌いにならない」っていうほうが正しいかもしれないですね。

 

尖ったデザインや流行のモノも嫌いじゃないですが、そういうモノは年齢を重ねて感覚が変わると

れおな
れおな
「なんか合わなくなってきたなぁ」

となり飽きてしまいます。

 

逆にシンプルなデザインはいい意味で主張がないので、ずーっと違和感なく使えるっていうイメージですね。

 

例えばポップな色のTシャツを10代の子が来たら似合うけど、おじさんが着たらキツイでしょw

でもシンプルなきれいめシャツなら年齢関係なく着れます。

 

もちろんファッションだけじゃなく、そのほかのモノもシンプルなモノのほうが長く愛用できるはずです。

 

 

② 構造がシンプルなモノは壊れにくい

デザインだけじゃなく構造もシンプルなモノのほうが長く使えます。

 

「多機能でなんでもできるよ!」みたいな製品もよく見かけますが、つくりが複雑になればなるほど故障する確率も上がりますからね。

 

例えば、30代のボクが子供の頃の電化製品が壊れにくかった理由って作りが単純だからだと思うんです。

ちなみに嫁ちゃんの実家にある電子レンジなんて30年前の古いやつですがいまだに現役で使われていますがスゴイですよね。

 

これに関しても家電以外にも当てはまると思っていて、昔から使われていて今の残っている道具はシンプルなモノが多いです。

 

③ シンプルなモノはメンテがしやすい

シンプルなモノが好きな最大の理由はこれ。

 

「とにかくメンテナンスがしやすい」ってことです。

 

長く愛用するためには、手入れや修理が必要になってきますが、複雑なモノだと自分でメンテするのが難しんです(てかほぼムリです)

 

逆にシンプルな作りのモノの場合、ネットで検索すればメンテや修理の方法が出てくるので自分で対処ができます。

 

デジタル系のモノは修理するのが比較的難しいですが、使っている人が多いiPhoneやMacなんかだと自力で修理できるのでバッテリー交換くらいならできます。

 

あとは昔からある定番のモノ、特にアナログ製品は誰かしら修理方法をアップしてくれているのでそういうのを活用すれば結構なんとかなります。

 

ボクが持っているモノであれば、石油ストーブとかロードレーサーとかがそれですかね。

調子が悪くなっても自分で修理ができるので、長く愛用できていますね。

こちらの記事もおすすめ!