ミニマリズム

貯金したいと思った時に見直すべき5つのこと

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

将来、年金だけでは生活できないことが確定してしまった日本ですが、生きていくためにお金は必須!!

てことで「まずは貯金からはじめよう」なんて人も多いかと思います。

とはいえ「何からはじめたらいいかわからない」という人のために、ミニマリスト視点でのお金の貯め方を解説してみたいと思います!

① お金の出入りを把握する

貯金するための第一歩として

「お金の出入りを把握する」

というのが最重要になります。

お金がたまらない人ってだいたいこんな感じだと思いますが心当たりないですか?⇩

① 衝動買いが多い
② コンビニで買い物することが多い
③ 細かい買い物が多い

・自分の口座にいくらあるのか?
・生活に必要な金額はいくらなのか?

貯金ができない人は、お金の流れを把握していないので、月末になったら「お金なーい!!」みたいな状態になるわけですね。

最近は自動で家計簿をつけてくれるアプリもあるので、そういうモノを使って何にどれだけお金を使っているのかを把握することから始めるのをオススメします。

まぁ基本中の基本ですね。

② 格安SIMに乗り換える

毎月スマホ料金を払っていると思いますが、いくら使ってますか?

3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)の場合、端末台と合わせて1万円前後って人も多いと思いますが、ハッキリ言って超もったいないです!

SIMフリーの端末を一括で購入して、格安SIMを使えば月々2,000円以下で使うなんて余裕です。

年間にすると7〜8万円は節約ができるので、お金を貯めたいなら絶対にやったほうがいいですね。

③ 不用品を整理して売り飛ばす

「れおろぐ」では何度も伝えていますが、モノは所有すればするほどお金が減っていきます。

モノを管理する時間、手間、場所(家賃とか)を考えると使わないモノは早めに手放すべきですね。

整理して不用品が出てきたら、オークションやフリマサイトで売り飛ばせば意外とお小遣いになります。

こういうサイトを使って売るのは正直いって手間はかかりますが、お店に買い取ってもらうより高値で売れるし、買い取りNGのようなモノでも結構売れます。

お部屋の片付けついでにお小遣いもゲットできるので時間のある人はぜひチャレンジしてみてください。

④ 家賃を安くできそうなら引っ越しする

毎月確実にかかってくる費用で一番大きいのが”家賃”です。

モノを減らして狭い部屋でも平気なら、思い切って引っ越しするとめちゃくちゃ節約になります。

どうしても最初に引っ越し費用はかかりますが、毎月数千円から数万円単位で節約できるので長期で考えれば絶対にお得。

家賃を1万円下げることができれば、年間
12万円節約できるので、長く住むつもりなら早めに検討⇨引っ越しがいいと思います。

⑤ 嗜好品をやめてみる

とんでもない額になるのが”嗜好品に使うお金”

嗜好品の例はこんな感じ⇩

・お酒
・タバコ
・コーヒー、お茶
・ジュース、お菓子

一言で言えば

「生きていくのに必須ではないもの」

ですね。

嗜好品は単体の値段はそこまで高くないので気軽に買えますが、毎日のように買ってしまうと、

「めちゃくちゃお金減ってる!!」なんてことになります(笑)

・ジュース(ペットボトル)
150円×30日⇨4,500円

・ビール1缶(500ml)
260円×30日⇨7,800円

・タバコ1箱
400円×30日⇨12,000円

こんな感じで結構な出費になります。

ボクもいまだにお酒を辞められていませんが、冷静に考えるとやっぱりもったいないなーって思いますね。

「いきなり全部やめる」というのは難しいかもしれませんが、ガチで節約したい人は、きっぱり辞めたほうがお財布にも体にもいいとは思います。

こちらの記事もおすすめ!