ミニマリズム

ミニマリストの冷蔵庫をさらしてみた&【冷蔵庫の選び方と使い方のコツ】

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

ミニマリストだとしても必要だと思う家電の1つに「冷蔵庫」があります。

 

「外食しかしない」または「食事の度に買いに行けばいい」と言う人もいますが、それだと経済的にも微妙だし健康面を考えた時もどうかな?と疑問です。

 

そう考えると、やっぱり冷蔵庫って必須家電なんですよね。

ボクは一時期、冷蔵庫のない生活も体験しましたが、絶対にあったほうが便利で経済的です。

冷蔵庫はシンプルなほうが使いやすい

 

いきなり結論ですがミニマリストに限らず、冷蔵庫はシンプルなほうが絶対に使いやすいです。

冷蔵庫は「冷蔵」と「冷凍」ができればそれで十分!

 

ファミリータイプの大型冷蔵庫には、「急速冷凍」や「真空チルド」みたいに便利そうな機能がついていますが、はっきり言って必要ありません(どうせ最初しか使わない)

 

機能が増えれば増えるほど、それだけ「部屋」が増えてしまって

「どこに何があるのかが、分かりづらくなるから」

機能はなるべくシンプルなほうがオススメです。

 

食材をしまう時も、「冷蔵」と「冷凍」どちらかを開けるだけなので、「どこに入れようかな?」と迷うこともなくなります。

 

ちなみにわが家の冷蔵庫は、3ドア(冷蔵、野菜室、冷凍)のモノを使っていますが、正直2ドアでも十分です。

 

一人暮らしなら冷蔵機能だけでも十分。

どうしても「冷凍食品やアイスを買いだめしたい!」みたいな理由がなければ、冷蔵だけのほうが電気代の節約にもなるし、小さいモノを選べるので引っ越しする時もラクです。

食材は1週間以内に使い切れる量しか保存しない

ボクは2日に1回くらい買い物に行きますが、基本的に「1週間以内に使い切れる量しか買わない」ようにしています。

 

「安いから」という理由でストックを買いすぎても、結局は食べ切れずに捨ててしまいお金も食材もムダになってしまいます。

 

冷蔵庫をスマートに使うコツは、「冷蔵庫の食材を把握して買い物に行く」が基本。

 

例えば、大量に大根が余っていたら大根を使い切る料理を考えます、ボクだったら↓

・おでん、ぶり大根
・大根サラダ
・大根おろしで「焼き魚」「しゃぶしゃぶ」
・大根を大量に使ったカレー

こうすると、スーパーで買うものはスムーズに決まります。

あらかじめ決めて行けば、余計な食材は買わずに済むし買い物の時間も10分以内で収まります。

わが家の冷蔵庫をさらしてみる

最後にわが家の冷蔵庫をさらしてみますw

 

というわけで、冷蔵庫オープン!

 

メインの冷蔵室はこんな感じ⇩マジでほぼ入ってませんね。

一番上に納豆、その下に作り置き、チルド室にタマゴがあるだけ。

 

ちなみにタッパーにあるのは、玄米、麻婆豆腐、奈良漬、カットした水菜。

 

いつもよくやる方法は、作った料理を鍋ごと冷蔵庫に保存してます。

食材でいっぱいだと冷蔵庫に鍋ごと入れるのは難しいですが、こんな風にスカスカなら余裕で入りますからね。

鍋ごと保存できれば、タッパーに移し替える必要もなく洗い物も減らせます。

 

タマゴは最近チルド室に入れるようにしました⇩

ドアポケットで保存している人も多いと思いますが、あの場所ってタマゴにとっては、あんまり良くないみたいですね(振動がどうとか・・・)

正直その辺はあまり気にしてませんが、チルド室ってほぼ使ってないので移動してみました。

ドアポケットより目に入りやすいので、タマゴの買い忘れも防げます。

 

ちなみにドアポケットはこんな感じ⇩

 

ほぼ毎日料理をするので、調味料はけっこう充実してますね。

ペットボトルだとゴミが激増するので、飲み物は基本的に沸かしたお茶にしてます。

 

塩やブラックペッパー等も冷蔵庫保存がオススメ!

ベタベタにならないし香辛料の風味も飛びにくくなります。

 

ミニマリストあるあるですが、パッケージは剥がしてますね⇩

見た目が気になるという理由で剥がしている人もいますが、ボクは

「単純に残りの量がわかりやすいから」という理由で剥がしてます。

 

めっちゃ分かりやすい⇩

ただこの方法には致命的な弱点があります…

 

それは「賞味期限がわからなくなる」ということ!!

「色んな料理に活用してすぐに使い切れる!」という人なら問題ないけど、たまにしか使わないような調味料は剥がさないほうがいいですね。

ていうか、使用頻度の低い調味料は買わないのがルールです(絶対に捨てるハメになります)

 

野菜室はこんな状態⇩

長ネギ、玉ねぎ×2、人参×1、しめじ、大根の切れ端‥だけ

ここまで減ることは珍しいですが、これだけスッキリしてれば食材を腐らせてしまう心配はないですね。

 

あとはスペースが空いていれば、大きめ野菜(キャベツとか白菜)とかを買ってきても余裕で保存できます。

 

冷凍室(上段)は氷とお茶と保冷剤のみ。

 

冷凍室(下段)には小麦粉と片栗粉のみ⇩

(お弁当に使う唐揚げとかシュウマイがいることも多いです。)

小麦粉も片栗粉も料理で使うけど、登場回数が少ないので冷凍保存してます。

 

こういう粉系は常温でも保存できますが、それだと1〜2ヶ月以内に使いきる必要があるって知ってました?

わが家では小麦粉も片栗粉もそんなに、使わないので2ヶ月以内に使い切るなんて、まず不可能なんですよねw

 

でも冷凍保存なら、半年まで保存期間が伸ばせます。

常温で長期間保存していると虫が湧いたりするので、マジで注意が必要ですよ。

まとめ

① 冷蔵庫はシンプルな構造のモノが使いやすい
② 食材は1週間以内に使える量しか保存しない
③ ラベルを剥がすと残りの量がわかりやすい

 

以上、「ミニマリスト的!冷蔵庫の選び方と使い方のコツ」でした。

「賞味期限すぐに切れちゃう!」とか「冷蔵庫がいつもめちゃくちゃ!」という人は、ぜひ参考にしてみてください。

ルールを決めれば、冷蔵庫の中もキレイを保てるようになりますよ。

 

それじゃ、また!

 

夫婦ミニマリストのキッチン事情を公開してみたどうも、れおなです。 今回は、「夫婦ミニマリスト 二人暮らしの食器やキッチンはどんな感じなの?」をテーマに書いていきます。...
こちらの記事もおすすめ!