節約

【OYO】って何?スマホ1つで部屋が借りられる新サービスまとめ

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

つい先日おもしろい賃貸サービス【OYO】のニュースが舞い込んできたので、軽くまとめてみました。

 

最近はシェアサービスが一般化してきましたが、ついにお家まで手軽に安く借りられる時代になりそうですねぇ

【OYO】ってなに?

ってことで「OYO」を軽く解説します。

 

OYOはインドのホテルベンチャーがやっているホテル運営会社。

インド国内では、350都市で10万以上の客室を展開しているなかなか大きな企業です。

 

中国でも171都市、8.7万以上の客室を展開なので世界規模で頑張っているということになります。

 

ちなみにOYOの創業は2013年。

わずか6年しか経っていませんが、たった2年で客室数でインド最大手まで登りつめている今急成長の企業です。

ソフトバンクの孫社長も出資しているので、将来性もありそうですね。

 

日本には初進出ですが、サービスがスタートしたら日本の不動産業界に旋風を巻き起こすかもしれない革命的なサービスです。

OYOのここがスゴイ!4つのメリット

① 敷金・礼金・仲介手数料がゼロ円!

OYOの物件は敷金・礼金・仲介手数料は無料で借りることができます。

 

家賃7万円だとしても、初期費用として20万円以上必要なのがこれまでの当たり前だったので、これは嬉しい。

 

最近は手数料のかからない物件も増えてはきていますが、退去費用がムダに高かったりするので、この辺がどうなるのかは気になりますね。

 

ちなみに唯一かかる費用として、入居前の清掃費が1万円だけかかります。

② 家具・家電・Wi-Fi付きの家に住める

引っ越しするときに大変なのが、大型家具や家電を運ぶこと。

それとネット回線の手続きなんかも面倒ですが、OYOなら最初から全て完備だそうです。

 

こういったサービスはレオパレス(問題多いけど)等もやっているので、目新しさはないですが、

OYOのすごいところは
水道光熱費といった公共サービスも家賃に含まれているらしいです。

 

これが本当だったら、かなりお得なサービスですよね。

水道光熱費なんて全部あわせたら1万円以上はかかるので、かなりの節約になります。

③ スマホ1つで入居から退去まで可能

【賃貸契約】というと

① とりあえず不動産屋に行く
② いくつか内見に行く
③ 必要書類の用意
④ 契約書に何度も同じ内容を書かされる

みたいな感じで、めちゃくちゃめんどくさかったわけですが、OYOならこの手続がスマホだけで完結できちゃうそうです。

 

しかも、1ヶ月単位から契約できるので本当にホテル感覚で借りることができます。

 

ただ、まだ日本にはない新しいサービスのため、契約手続きなど法律的に課題となる部分もあるみたい。

 

でもこれが実現すれば「毎月住む部屋を変えながら色んな街に住む」というのが、やりやすくなりますよね。

 

ホテルより安く住めるのにホテル並みに契約が楽というのは、かなりのメリットです。

④ 3日間の「住み試し」が出来る

OYOは3日間、物件に「住み試し」ができるというのも大きなポイント。

 

普通の賃貸物件だと年間契約が必要で、もし最悪な物件(壁が薄いとか隣人がヤバイとか)に当たったとしても、気軽に引っ越すなんてできなかったわけです。

 

でも「住み試し」をすることによって、自分の生活に合うのかどうかを判断できるので物件選びの失敗がなくなります。

 

ボクも物件を探すときに「1日でいいから泊まってみたいなぁ」と思ったことが何度もあります。

だって実際に1日を通して部屋に住んでみないと、日当たりや近所の騒音、どんな人が住んでいるかなんて分からないですからね。

 

これは借りる側からすると、めちゃくちゃ良心的なサービスです。

どんな部屋があるのか?

OYOには次の3タイプが用意されています⇩

☑ シェアタイプ 4~6万円
☑ マンションタイプ 10~15万円
☑ 戸建てタイプ 25万~45万円

サービススタート時には東京23区内だそうですが、シャアタイプなら4万円から住めるというのは、マジで破格じゃないですか!

 

マンションタイプでも10万円からあるので、水道光熱費やネット環境があることを考えれば普通に借りるより絶対に安いですよね。

 

これなら「普通に生活のために住む」という使い方以外にも、

・「旅行時にホテル代わりとして」
・「出張で数週間住むため」とかでもコストを抑えられそう。

 

まぁ実際の部屋がどんなクオリティかは、まだ未知数ですが写真を見る限り結構よさげです。

 

ちなみに2019年3月末までに 5,000室の物件提供を見込んでおり、順次全国に拡大する予定だそう。

まとめ

【OYOってなに?】

・ソフトバンクも出資してるインドのホテルベンチャー会社
・2019年3月末までには東京23区を中心に5,000室の物件提供を予定

 

【OYO4つのメリット】

① 敷金・礼金・仲介手数料がゼロ円!
② 家具・家電・Wi-Fi付きの家に住める
③ スマホ1つで入居から退去まで可能
④ 3日間の「住み試し」が出来る

 

というわけで、不動産業界に旋風を巻き起こしそうな【OYO】を紹介してみました。

 

またしても海外の企業がすごいサービスを始めてしまいましたが、ミニマリスト的にもかなり注目しています。

自分の住んでいる地域でもサービスが始まったら利用してみたいですね。

今後の続報に期待です。

 

それじゃ、また!

こちらの記事もおすすめ!