お掃除

【保存版】たった3日で汚部屋を片付けるための14ステップ

どうも、ゆるミニマリストのれおなです。

今回は『汚部屋を3日間でリセットする方法』を紹介していきたいと思います。

年末ということで、一気にやって心新たに新年を迎える準備をしていきましょう!

ちなみ年末関係なく、いつでも使える方法なので汚部屋を改善したい人は挑戦してみてください。

 

※ただしこの方法はかなりストイックなため、本気で片付けたい人にしかオススメしません。

 

それじゃ、いってみよー!

もくじ

3日間で汚部屋を片付ける14のステップ!

3日ごとにやるべきステップを分けたので、参考にしてやってみてください。

項目ごとに、一応の所要時間を書いてあります(目安です)

【1日目】

①汚部屋を片付けて人生を変えると決意する(1分)

どうでもいいような1つめのステップですが、これが一番重要!

 

汚部屋での生活は肉体的にも精神的にも悪い影響があるのは間違いないですよね。

 

「人生を変える」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、片付けで人生がよくなった人は大勢いるのも事実です。

 

ずっと汚かった部屋をたった3日で激変させるんですから、「絶対にやりきる」という気持ちは超重要!!

 

・「片付けなんていつでもできる」
・「ちょっと散らかってるくらいじゃ死なない」

という「ダメな自分の集大成=汚部屋」なので気持ちは本当に大事です。

 

掃除を始めるまえに必ず

「絶対にこの3日間で全てを変える!」

と決意してください。絶対です!

②掃除に必要な道具を集める(2時間)

2つ目のステップは掃除に必要な道具を集めます。

掃除道具は近くのホームセンターや100円ショップで調達すればオッケー。

道具も使い終わったら大半のモノは処分するので、安いもので十分です。

 

必要なモノをリストアップしたので、参考にしてみてください。

・汚れてもいい服装

長袖、長ズボンがいいですね。
それこそ、もう捨ててもいいような服装がベスト。

 

・ゴミ袋(いっぱい)

20枚入り×3袋くらいあってもいいと思います。
分別が必要なら、用途によって買い足します。

 

・ビニールひも ガムテープ

本をまとめたり、いらないダンボールをまとめるのに便利。

ガムテープはかなり活躍します。

 

・ぞうきん

100円ショップで10枚くらい買っておくといいかも。

もしくは捨てる予定の服やタオルがあれば、それを雑巾代わりにするのもアリです。

 

・カビ取りスプレー等のお掃除グッズ(浴室やトイレ掃除用)

お風呂やトイレの黒ずみも、コレがあれば一発でキレイになります。

普段から水回りを小まめに掃除していない人は用意しておきましょう。

 

・ビニール手袋やマスク

手袋をしていれば汚いモノでもガンガン触れるし、マスクがあればホコリやニオイもある程度ブロックできます。

必要と感じるなら買っておきましょう。(100円ショップで売ってます)

ビニール手袋は、手にフィットするタイプのほうが作業がしやすいのでオススメです。

 

・ダンボール(仕分け用)

家にダンボールか適当な箱があるなら、それを使いましょう。

ムリに買う必要はありません。

 

・硬めのハブラシ

主に水回り(排水口)を掃除するときに使います。
100円ショップにある低品質なハブラシで十分です。

 

・スポンジ、金たわし(キッチン用)

スポンジはフローリングにこびりついた汚れを落としたり、もちろんキッチンにも使えます。

金たわしでガスレンジやシンクを磨くとめちゃくちゃキレイになりますよ!

 

・掃除機

家にあるなら活用しましょう。
溝の汚れやエアコンのフィルターをキレイにする時に便利。

③ゴミ捨てのスケジュールを把握する(10分)

次にゴミ捨てのスケジュールを把握していきます。

汚部屋に住んでいる人の場合、ゴミ捨ての曜日を知らない人も結構いるはず。

 

まずは自分の住んでいる自治体のサイトで、ゴミ捨ての曜日を調べましょう。

自治体によっては、ゴミ収集のスケジュールや分別の方法を紹介したアプリを配信している場合もあるのでそういうものを活用しても便利です。

 

燃えるゴミなら週に2日くらい収集してくれますが

「金属ゴミ」や「埋めるゴミ」等は月に1回しか収集してくれない自治体が多いので、注意していないと捨てそびれます。

 

ゴミを分別しても実際に捨てないと断捨離したことにならないので、最後の処分までしっかりできるようにスケジュールは把握しておきましょう。

④あきらかな”ゴミ”を捨てる(2時間)

・あきらかなゴミ
・賞味期限の切れた食品
・空の容器(ペットボトル、ビン)
・壊れて使えないモノ

こういった誰に見せても「ゴミだね…」と思うようなモノをガンガン捨てていってください。

汚部屋の住人ならこれだけでも、結構なゴミを処分できるはずです。

 

てことで、1日目はここで終了。

 

まとめると「決意して道具を集めてスケジュールを把握‼」

初日に余力があるなら、もう少し進めるのもアリですからね!

【2日目】

⑤エリアごとに片付けを始める

片付けが苦手な人は、部屋全体を一気に片付けようとしますがエリアごとに分けてやったほうがやりやすいです。

 

エリアは、こんな感じで分けてください⇩

・玄関、靴箱
・寝室
・リビング
・デスク周り
・クローゼット
・キッチン
・トイレ、お風呂
・ベランダ

 

★デスク周りを片付ける場合の例

① そこにあるモノを全て集める
② まず自分に絶対必要なモノだけを選ぶ(これ重要)
③ 必要なモノ以外は処分する
④ 判断できないモノは一時保管ボックスへ移動
⑤ 必要なモノの定位置を決めて戻す

この方法で、各エリアごに片付けていきます。

この作業はかなり時間がかかるので、悩まないようにサクサク判断していってください。

所要時間は30分くらいが目標です。

 

ステップ⑥からは判断する方法を紹介していきます。

⑥1年以上着ていない服を捨てる(30分)

服を捨てる場合、残すor処分するのかの判断は”1年以上着ていない”を目安に考えます。

服を大量に持っている人は、時間がかかるのでガンガンやっていきましょう!

悩んでいる時間はマジでありません!

 

さらにオススメの判断方法は

”迷ったら捨て!!”

ボクの経験上、これが一番早く判断できます。

 

必要なモノ、気に入っているモノの場合は、そもそも迷いません。

迷うってことは”絶対に必要なモノ”からは自動的に除外されたということ。

直感的に「なんかしっくりこないんだよなぁ‥」という服は処分しても後悔しません。

 

処分を決めた服は、このあとの掃除に雑巾として使えるのでとっておきましょう。

⑦1年以上読んでいない雑誌、本、書類を捨てる(30分)

本も服と同じく1年以上読んでいない本や雑誌は捨てても問題ありません。

持っていてもホコリが溜まるだけだし、引っ越しの時には重くてジャマで大変なだけなので、処分してしまいましょう。

 

自分にとって価値のある本や読み返したい本は、そのまま持っておくのもいいですが、電子版を買い直すとスッキリします。

 

以前にもブログで紹介しているので、そちらを参考にしてみてください。

⇩この記事【本】の項目で紹介してます!

物欲モンスターだったボクが処分したモノ&処分するコツ4年ぶりにツイッターを再開してミニマリズム関連の情報を発信してますが、意外と反響があって驚いてます。 ちょっと前にミニマリ...

 

また書類なども必要がないモノは、捨てましょう。

もちろん領収書などは、持っておく必要があるものは保管しておきましょう。

⑧おもちゃや雑貨を捨てる(30分)

自分で買ったモノはもちろん、人からもらったプレゼント等も必要がないなら処分します。

 

そもそも本当に必要ならゴミの中に埋もれたり、ホコリをかぶったりすることはありません

 

もし未開封やキレイなモノなら、リサイクルショップで換金するのもオススメです。

ただし、今回は「3日間で汚部屋を断捨離」がテーマなので、いらないと判断したものは処分したほうが時短にはなります。

よっぽど価値のあるモノ以外は、売却してもたいしたお金にはなりません。

手間や時間を考えたら処分してしまったほうがスマートです。

⑨キッチンを片付ける(30分)

キッチンがゴミで溢れていませんか?

食器や調理道がたくさんある場合は、よく使うモノ以外は処分してしまいましょう。

食器や道具等も服と同じで、結局使いやすいモノや本当に気に入っているモノしか使いません。

もったいないかもしれませんが、思い切って捨てたほうがキッチンは使いやすくなり散らかりにくくなります。

 

そして冷蔵庫!

賞味期限の切れたモノは、ゴミなので即処分!

アイスや冷凍食品は賞味期限が長く設定されているモノが多いですが、長期間保存されていると確実に味が落ちています。

冷蔵庫のニオイが移って不味くなっているので、これらも捨てましょう。

 

冷蔵庫内の汚れがひどい場合は、食器用洗剤でキレイにします。

仕切り板等が汚れてい場合も、外して洗ってください。

 

もし汚れがひどくて時間がかかりすぎる場合は、掃除は別日にやってもかまいません。

とにかくこの3日間では「いらないものを処分する」のが最大の目的。

時間が足りなくなりそうなら、細かい掃除は後回しにしましょう。

⑩トイレを掃除しよう(30分)

2日目もあと2ステップなので、あと少し頑張りましょう!

 

次はトイレ掃除です。

汚部屋レベルにもよりますが、あきらかなゴミを捨てたら便器と床をキレイに掃除していきます。

使い終わったトイレットペーパーの芯や使い切った芳香剤等は全処分!

 

便座カバー等を使っているなら古いモノは処分して新しいモノ(100均でも売ってます)に変えましょう。

 

トイレがめちゃくちゃ汚れている場合は、ビニール手袋をして完全にキレイになるまで徹底的に掃除します。

ドラッグストアに行けば便利な掃除グッズがたくさん売られているので、そういうアイテムを活用してキレイにしていきましょう!

トイレがキレイになるだけで、気分はスッキリするのでここは手を抜かないでしっかりやってください。

 

ミニマリストが教えるキレイを保つ掃除のコツ3選どうも。れおなです。 ミニマリストになった人は「汚部屋出身の人が多い」っていう話をよく聞きますが、ボクも近いものはありまし...

⑪お風呂を掃除する(30分)

2日目最後のステップは「お風呂掃除」

使い切ったシャンプーやボディソープのボトルやカビたスポンジは捨て!

使っているボトルはキレイなスポンジで洗ってヌメリを取ります。

 

浴室にカビが生えているならカビキラー等で掃除しましょう。

キレイそうに見えるバスタブや壁も意外と汚れているので、柔らかいスポンジでキレイにします。

 

最後に見てみぬフリをしがちな排水口もしっかり掃除!

ずっと掃除をしていないなら、大量の髪の毛や石鹸カスが溜まっているはずなので、それらを捨ててタワシやハブラシでキレイに磨いてください。

 

ってことで2日目終了!

今日の締めは、キレイになったお風呂で一日の疲れと汚れを洗い流しちゃいましょう!

 

2日目はかなりやることが多いので、時間が足りなくなる可能性があります。

悩んでいると3日間では終わらなくなるので、時間を気にしつつスピード感を持って断捨離していくのがコツです!

 

さぁ!あと一日で人生変わりますよ!

 

【3日目】

3日目は2日目に片付けた場所を、もう一度見直していきます!

汚部屋脱出まであと少し。がんばりましょう!

⑫小物を整理する(1時間)

1日目である程度はキレイになったと思いますが、小物類は意外にも判断するのが難しくて、捨てられないモノが多いんです。

 

【例えば】

・ボールペン等の文房具
・たまにしか使わない充電池
・家具や家電に付いてきた「予備品」

こういうモノも考え方を変えると減らすことができます。

 

ボールペンとかっていつのまにか、何十本も持っている状態になりがちですが、家で使うなら予備を含めて2本で十分です。

余計なモノは誰かに誰かにプレゼントしましょう!
たぶん喜んでもらってくれるはずです。

 

エネループ的な充電池も数が増えると

「どれが充電しているのか?していないのか?」が分からなくなりませんか?

 

最近はバッテリー内蔵型の製品が増えているので、充電池を使うシーンも減ってきているはず。

普通の電池をサイズごとに1パックだけ買っておけば、電池が切れても困ることはまずありません。

 

ボクも以前はエネループを愛用していましたが、普通の電池に切り替えてラクになりました。

充電する手間も「充電されているかな?」の心配も断捨離できましたからね。

「充電池は地味にめんどう」と考えを変えれば断捨離できます。

 

3つ目は家具や家電の「予備品」

これも処部しましょう。

こういうモノは必要になった時に見つかりません。

というかボク自身使った事がないです。

 

服に付いてくる予備のボタンも同じで、ボタンがとれるほどヘビーに使っているなら、替え時だと思って新しいモノを買うようにしています。

 

【断捨離】細かいモノを捨てるコツどうも、れおなです。 断捨離をする時に、意外にも決断しづらいのが こまごましたモノ 慣れていな...

⑬趣味系や思い出の品を片付ける(2時間)

断捨離ステップとしては最後の項目!

最後は趣味と思い出の品です。

 

人によってはかなり悩むと思うので、必ず最終日に時間の余裕をもってやって下さい。

 

趣味のモノは「今も楽しんでいて、今後も続けていく」ならそのまま愛用していきましょう!

ただ過去にハマっていて「いつかまたやるつもり」な趣味については断捨離してください。

 

何度も書いていますが「いつか」はなかなか来てくれません(笑)

もし数年後にやりたくなったら、またその時に買い直せばいいんです。

未練があるまま持っていても、場所をとってホコリをかぶるだけ。

価値のあるような商品なら、オークション等でお金に換えることをオススメします。

 

思い出のモノを断捨離するのは気が引けるかもしれませんが、使うモノ以外は処分しましょう。

 

思い出は「思い出すことに意味がある」とボクは考えるので、写真に撮っておけば十分です。

だってクローゼットに押し込んだままの思い出って悲しくないですか?

火事や災害にあってしまえば、思い出の品自体が消えてなくなることだってありますからね。

 

それなら写真を撮ってクラウドにアップしておけば、世界中どこにいても思い出に浸れることができます。

そっちのほうがモノも自分も幸せです。

⑭ホコリをとって拭き掃除をする(1時間)

最後の仕上げですね。

キレイに片付いた部屋のホコリを取って、雑巾でキレイにみがきあげましょう!

 

時間と体力に余裕があるなら、細かい部分の掃除や整理をやるとさらに完璧です。

 

【その後にやること】

・指定日にゴミを捨てる、ゴミ処理場に持ち込む。
・『一時保管ボックス』に入れたモノをもう一度、処分するか残すかを考える。
・普段の生活をしながら、最適な定位置を設定していく。

 

「短期集中」はリバウンドに注意!

ただし今回紹介した”短期間&超ストイックな方法”は、意識が続かないとリバウンドも早いのが弱点です。

 

断捨離意識というのは、そう簡単につくものではないので、リバウンドを抑えるために覚えておくといいポイントを4つ紹介しておきます。

① むやみにモノを増やさない
② ついで掃除を習慣にする
③ 使ったらすぐ元に戻す
④ 1つ増やすなら1つ以上処分する

この4つを意識できれば、汚部屋リバウンドは防げます。

 

最初は難しいかもしれませんが、少しずつ慣れて断捨離意識を定着させていってください。

ダメな自分の集大成をリセットできた人は頑張れる!

というわけで『3日間で汚部屋を断捨離する方法』を紹介してみました。

 

目安の所要時間を書いていますが、実際はそこまでスムーズにはいかないので、もっと時間はかかるはずです(たぶん1日7時間以上かなぁw)

ですが、ステップ1でしっかり決意した人なら絶対にやりとげられます!

 

汚部屋を3日間でキレイにするというのは、かなり大変な作業で体力も時間も使うし、何より精神的にめちゃくちゃ疲れます。

 

 

汚く散らかった部屋は言ってみれば『自分のだらしなさの集大成』

 

このダメな自分をリセットするのに楽で簡単なワケがないんですよね。

 

でも決意をして3日間を本気で乗り切った人なら、人生を好転させるための力を必ず持っています。

これかもいい方向に転がるように頑張っていきましょう!

自力での断捨離が難しいなら業者に頼もう!

今回紹介した方法でも、ある程度の汚部屋ならカバーできると思います。

ただし

・ゴミの壁ができている…
・休みがなくて大掃除する時間が全くとれない
・トイレの排水が詰まって自分じゃどうしようもない

という汚部屋ならぬ「異次元のゴミ屋敷」の場合は、おとなしく業者さんに頼んだほうが早いし確実です。

 

もちろんプロに清掃をお願いすれば、料金はかかってしまいます。

ですがゴミの運搬や処分、手間などを考えれば時間的にも費用的にも依頼する価値は絶対にあります。

 

「いい加減ゴミを減らさなきゃ…」

と考えるなら、思い切って依頼してみるのも1つの手段なので活用してみてください!

 

年末は断捨離するのに最高なタイミングなので、ぜひこの機会に完全断捨離やってみてください。

それじゃ、また!

【ゴミ屋敷バスター】をチェックしてみる

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!