お掃除

【地雷回避!】汚部屋の住人を見極める10の特徴まとめ

どうも、ゆるミニマリストのれおなです。

今回は【汚部屋住人の特徴】をまとめてみました。

 

普段の何気ない”見た目”や”持ち物”からでも、その人の性格や部屋の様子はけっこう予想できます。

 

「付き合ってみたら汚部屋の住人だった!」

 

と幻滅したくない人は、特徴を覚えておくと地雷を踏まずにすむかもしれませんw

また9個の特徴に当てはまる人は、汚部屋予備軍の可能性が高いので今のうちから片付け始めましょう!

汚部屋の住人を見極める9の特徴

① めんどくさがり

単純にゴミを捨てるのがめんどうで部屋に溜まっていく人。

 

捨てられないの他には

・整理整頓が苦手
・使ったらそのまんま

という人は、もれなく汚部屋になっていきます。

 

ちなみにモノを捨てられない人は心理的に変化を怖がる傾向にあります。

新しいことにはチャレンジしないし、仕事やプライベートでもトラブルが起きると逃げるクセがあるという人は要注意。

 

「モノを捨てる」という行為は一種の決断ですから、こういうタイプの人は決断力がない人とも言い換えられます。

② 寂しがり屋

片付けられない人は、寂しさや孤独感を必要以上に感じている場合があります。

 

「片付けなきゃ」という気持ちはあるのに、モノで部屋の空間を埋めて寂しさを紛らわせているんですね。

 

寂しさが増して不安や恐怖感になってしまえば、さらにモノが増えてしまうので注意が必要です。

③ 多趣味な人

趣味があるって素敵な事ですが、多趣味すぎる人は要注意。

1つの趣味でも必要なアイテムはたくさんあるのに、多趣味になればなおさらモノであふれてしまいます。

 

そして「多趣味なんだよねぇ」と自慢する大多数が長続きせずに、趣味の道具だけ溜め込むという特徴を持っています。

一言でいえば、多趣味=「広く浅く」ってことです。

 

またこういう人に限って

『形から入る』人が多いのも特徴なので覚えて置きましょう。

 

女子力をあげるために

・「料理教室に行ってる!」
・「ヨガにも通ってます」
・「ボルダリングも始めたいなぁ」

とか言ってるやつがいたら間違いなく地雷です。

 

きっと部屋はモノだらけでしょうね。

④ 流行を追いかけたい!新しもの好きな人

流行りのファッションや新しもの好きな人は、衝動買いが多くなりがち。

 

計画もなしに買い物をしていけば、クローゼットからあふれるのは目に見えてます。

・会うたびに服装が違う。
・個性的なファッションが好き。
・オシャレな雑貨やインテリアに詳しい。
こういうタイプも部屋の中に、よくわからないモノが転がっている人ですね。
オシャレさんが汚部屋の住人っていうのはよくある話です。

⑤ カバンの中がぐちゃぐちゃの人

シンプルに整理整頓ができない人。

 

カバンは

「コンパクトにした自分のプライベート空間」です。

 

ぐちゃぐちゃな人は、多分部屋も同様にぐちゃぐちゃです。

⑥ 財布がレシートやクーポン等でパンパンな人

財布もカバンと同じく、持ち運べるプライベート空間。

 

もちろん仕事で領収書を保管している人もいますが、できる人は毎日処理しているか、レシート専用のケースを持ち歩いています。

またポイントカードやクレジットカードを大量に持っている人も、お金の使い方がヘタな人がほとんど。

 

「不要なモノを見極められない=不要なゴミを捨てられない」という証拠です。

⑦ 多忙な職業の人

清掃業者の人によると、多忙な職種ほどゴミ屋敷の人が多いそう。

・医師
・看護師
・教師
・弁護士
・司法書士
こういう”いかにもしっかりしてそうな職業”の人の依頼が多いらしい。
こういう職業の人は多忙はもちろん、常に強いストレスがかかっているので、部屋の片付けまで気が向かないんでしょうね。

⑧ ストレスが溜まっている

「多忙な職業の人」と重複しますが、ストレスが溜まっている人も汚部屋になりやすい傾向にあります。

 

「部屋の状態=心の状態」なので、疲れやストレスが溜まってくると部屋も連動して乱れてくるというのは誰でも体感したことあるはずです。

 

仕事でヘトヘトになって、掃除や洗濯までしっかりできる人なんて少数派ですから、疲れている時はちゃんと休みましょう。

 

ムリに頑張りすぎると自分まで壊れてしまいます。

⑨ コスパ重視で買い物をする人

コスパ重視の人は、言い換えれば「損をしたくない」「もったいない」と考える人です。

 

そういう気持ちは大切ですが、度が過ぎると…⇩

・高かったから捨てられない!
・もったいないから捨てない!
・別の使いみちがある!
自分で買ったもの以外にも駅前でもらったティッシュ、サンプルの化粧品、ホテルのアメニティ等、もらったモノは全て取っておくという人は”汚部屋率高め”です。
友達と買い物や食事に行って、やたらと『コスパ!コスパ!』と連呼している人は、汚部屋の住人かもしれません。

まとめ

てわけで【汚部屋の住人を見極める10の特徴まとめ】でした。

① めんどくさがり
② 寂しがり屋
③ 多趣味な人
④ 流行を追いかけたい!新しもの好きな人
⑤ カバンの中がぐちゃぐちゃの人
⑥ 財布がレシートやクーポン等でパンパンな人
⑦ 多忙な職業の人
⑧ ストレスが溜まっている
⑨ コスパ重視で買い物をする人
汚部屋の住人は部屋を見なくても、見た目や持ち物からでも十分見極めることができます。

 

自分がパートナーになってキレイにしてあげたい!と思える人はそれでいいですし、
逆に「汚い人とは一緒に暮らしたくない!」という人は、はじめから近づかないようにすればいいんです。

 

まぁ汚部屋程度なら自力でどうにかできますが、ゴミ屋敷まで進化してしまうと自力で片付けるのは難しくなります。
友達や大切な人が汚部屋(もしくはゴミ屋敷)になって悩んでいるなら、一緒に片付けてあげるのも意外と楽しいかもしれません。

 

汚部屋を片付ける時に参考になる記事はこちら⇩

【保存版】たった3日で汚部屋を片付けるための14ステップどうも、ゆるミニマリストのれおなです。 今回は『汚部屋を3日間でリセットする方法』を紹介していきたいと思います。 年末という...

 

どうしようもない程のゴミ屋敷は清掃業者さんに依頼してキレイにするしかありませんけどね。
料金はかかるけどあっという間にキレイにしてくれます。

 

ゴミ屋敷バスターを見てみる

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!