ガジェット

【NichePhone-S】スマホ依存をやめるためにミニマムケータイを買ってみた

どうも、絶賛スマホ依存中のれおな(@REONA31)です。

今回はスマホ依存を脱出するために、【NichePhone-S】という携帯電話を購入したので紹介したいと思います。

NichePhone-Sは超絶ミニマムな携帯電話

こちらが、脱スマホのために購入してみたガジェット【NichePhone-S】でございます。

カンタンに説明すると、いわゆるカードサイズの「ガラケー」ですね。

 

パッケージはこんな感じで、結構作り込まれていてオシャレです。

 

中に入っているモノはこれが全て。

本体、microUSBケーブル、充電用アダプタ、クロス、説明書の5つです。

「充電アダプタ」という謎のパーツがありますが、実はこいつが曲者だったりします(後で説明)

 

サイズは90 x 50 x 6.5 mmで、重さもわずか38gしかありません。

最近の巨大なスマホと比べたら、死ぬほど軽くてコンパクトですね。

洗濯機で水没する未来しか見えません。

 

本体を実際に手に持ってみるとこんな感じ。

 

「小さくて使いやすい」といまだに人気の4インチiPhoneと比べても、こんなに小さい。

小さすぎて、存在を忘れそうなレベルですよね。

 

カードサイズの電話というのがポイントですが、実際にカードと比べてもほぼ同じサイズです。

 

横幅に関していえば、NichePhoneのほうがスリム。

少し大きめの財布なら、余裕で入っちゃいます。

 

充電方式はミニマムじゃない

ちなみに充電アダプタという謎のパーツは、その名の通り充電する時に必須になります。

 

NichePhoneはサイズは極限まで小さくしているので、USB端子がありません。

充電するためには、裏面の金属端子にアダプタをマグネットでくっつけます。

そしてさらにUSBケーブルを差し込む必要があるんですが、この点に関しては全然ミニマムじゃない(笑)

 

薄くてコンパクトだけど、これは正直使いづらいですね。

外出先で充電しようと思っても、このアダプタがないとできないのは、面倒。

しかも、マグネットが外れやすいので、カバンの中での充電するのは、あんまり現実的じゃない気がします。

 

とはいえ、スマホみたいに使うわけもないので、バッテリー持ちは問題にならないと思います。

ちなみに待受だけなら2日は持ちます。

SIMカードを入れれば、すぐに通話とSMSは使える

NichePhoneのメイン機能は通話とSMSなので、SIMカードさえ突っ込めば、すぐに使える状態になります。

 

ちなみに採用されているのはiPhoneと同じで【nanoSIM】

さらに言うと、ドコモ系とソフトバンク系のSIMのみ対応しています。

格安SIMでau系を使っている人は、利用できないので注意してください。

 

SIMを挿入後、電波を拾ってくれたら、この時点で通話とSMSは使えるようになっています。

テザリングもできるけどオマケと思ったほうがいい

ちなみにNichePhoneは、テザリングが使えるのでPCやタブレットをWi-Fiでつなげばネットも利用できます。

 

その場合はAPN設定が必要ですが、設定から数箇所入力するだけなので、利用する場合はお使いの通信会社を参考にしてみて下さい。

 

ちなみにボクは【IIJ.mio】を利用しているので、これを打ち込んだだけ。

APN iijmio.jp
ユーザー名 設定は不要です
パスワード 設定は不要です
認証タイプ PAPまたはCHAP

 

通信速度を計ってみるとこんな感じのスピードでした⇩

実はNichePhoneは、今どき3Gしか使えませんが(最新版は4Gが使えます)、下りは5~6M程度でました。「意外と早いなぁ」というのが正直な感想ですね。

アップロードに関しては、死ぬほど遅いので使い物にはなりません。

 

またテザリングを使うと、バッテリーがゴリゴリ減るのでこの機能は「オマケ」として考えといたほうがよさそう。

「ガッツリ使いたい!」という人は、モバイルバッテリーで充電しながらなら、そこそこ活用できるかな?といった感じ。

 

とはいえ、おとなしくWi-Fiルーター使ったほうが絶対に効率はいいですね。

あくまで緊急用として考えておいたほうがいいと思います。

ボイスレコーダーと音楽再生も可能(オマケ)

こんなに小さいのに、録音機能と音楽再生ができます。

 

ただし、使える記憶領域がたったの100MBなので、ほぼ役に立ちませんね(笑)

公式サイトでも、「収録可能な容量の目安は5曲程度です」と説明がありますが、今どき5曲しか入らないって逆にスゴイw

100MBもあれば、もっと入ると思うんですが、控えめに公表しているのが謎です。

 

あと個人的にはICレコーダーは「メモ帳代わりに使えそう!」と思ったのに、スピーカーがないので、再生するためには「Bluetoothのヘッドセットが必須」というゴミ仕様。

 

ICレコーダーのためだけに、ヘッドセットを使うのも面倒なので、使うことはないでしょうね。

スピーカーで記録した音声を確認できれば、使いみちはありそうなのに残念です。

 

この他の機能としては「アラーム」がありますが、これは一応めざまし時計として使えます。

NichePhone-Sのまとめ

・めちゃくちゃ薄くて軽い
・基本、通話とSMSしかできない
・充電するのにアダプタが必須
・テザリングはできるけど、3G通信のみ(意外と速い)
・テザリングを使うと、電池はゴリゴリ減る
・Bluetoothヘッドセットが使える
・ICレコーダーの再生はヘッドセット必須
・音楽は5曲程度しか記録できない

 

こうして、まとめるとマイナスな印象しかないですけど、これでいいんです(笑)

だってスマホ依存をなくすために、余計な機能のない端末を選んだわけですから。

ボクとしては、待受用&緊急連絡用として使っていくつもりです。

 

まぁ何日続くか謎ですが、スマホ依存脱出のためにとりあえずこれでやっていこうと思います。

この先もブログで、スマホを使わないとどんな変化があるのかを書いていくつもりなので、楽しみにしてくれると嬉しいですね。

 

それにしても、スマホって超便利だなぁと実感しました(笑)

それじゃ、また!

[amazonjs asin=”B0776S5SDZ” locale=”JP” title=”NichePhone-S(ニッチフォン-S)(ブラック) MOB-N17-01-BK”]

こちらの記事もおすすめ!