習慣

頭の悪い人がやりがちな朝のルーティーン

どうも、れおなです。

 

今回はペンシルベニア州立大学の研究結果などを基に

 

『頭の悪い人がやりがちな朝のルーティーン』と題して解説していきます。

 

今回はこんな人におすすめとなっています。

  • ・ポジティブになりたい!
  • ・集中力、決断力をつけたい
  • ・勉強や仕事で成果を出したい

 

『こんな悩みがある人は参考になるかと思いますので、ぜひ最後まで聴いていってください』

それでは、早速いってみましょう!

カンタンに解説した動画はコチラです⇩

https://youtu.be/rDyKvauTj4Q

【結論】

最初に結論ですが、頭の悪い人の多くは朝にストレスを感じて過ごしていたそうです。

 

皆さんもなんとなくストレスは体に悪そうだというイメージはあるかと思いますが、 

次のようなデメリットがあります 。

  • ・決断力が下がり、先延ばししてしまう 
  • ・集中力や注意力が下がり凡ミスをしやすくなる 
  • ・記憶力が下がる
  • ・欲望に弱くなったりズルをしやすくなったりする 

 

朝起きて『あぁ今日はつらい仕事があるなぁ』『今日はストレスヤバいなぁ』

予測するだけで認知機能が下がります。

 

ストレスはまだ受けていないのに、受ける時と同じ効果が起きてしまうわけです。

 

人間はもともと予測しながら行動しています。

デートや旅行などの楽しいイベントが未来にある場合は、自然と楽しい気分になって、仕事なんかも、やる気が出ると思います。 

 

逆にストレスが多そうだなと感じる日は仕事の効率も下がっているんじゃないでしょうか ?

 

実験でも

”朝にストレスを多く感じていた人たち”は、実際にストレスを感じる感じないは関係なく脳の機能が落ちていました。

 

その結果最初に紹介したデメリット 

・決断力が下がり先延ばしする

・集中力や注意力が下がりミスをする

・記憶力が落ちてしまう

など実際に頭が悪くなっていたそうです。

 

じゃあ

「どうすれば改善するのか?」

ということですが、

 

朝起きて1日が始まる時は、必ずポジティブな予測を立てるようにしましょう 。

 

例えば大変な仕事やイベントがある場合でもそれを乗り切ったらどんな気分になるのかをイメージしてみてください。

  • ・仕事が終わったら達成感があるよなぁ
  • ・乗り越えて気持ちがいいだろうなぁ
  • ・これが終わったら自分にご褒美をあげよう!

 

などポジティブに考えるだけで、ストレスの量が減り賢く行動できるのでぜひやってみてください。

まとめ

というわけで、今回のまとめです。

  • ・頭の悪い人は朝ストレスを感じながら過ごしている
  • ・ストレスを予測するだけで決断力や集中力、記憶力まで落ちてしまう 
  • ・賢く行動するためには朝はポジティブな予測をしよう 
こちらの記事もおすすめ!