ミニマリズム

ミニマリストが教える!食材を使い切る5つのコツ

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

料理は好きだけど「食材を使い切れなくてダメにしてしまう…」

という経験は誰にでもあると思います。

 

生鮮食品はもちろん、わさびや生姜、ソースやケチャップなどの調味料なんかも使い切れずに捨ててしまうことってありますよね?

今回はそんな人のために「食材を使い切るためのコツ」を紹介したいと思います。

食材を使い切るための5つのコツ

① ストック買いをしない
② とりあえず下準備する
③ パッケージをはがす
④ 調味料はアレンジして使う
⑤ 冷蔵庫のあまりモノを中心にメニューを考える

ストック買いをしない

食材をダメにしてしまう最大の原因は【買いすぎ】です。

 

スーパーに行くと、セールなどで値引きされていると「お得だ!」と思ってついつい買いすぎちゃいますよね。

とはいえ、安いからといって買うのはムダになる可能性が高いです!

 

「家から何十キロも先にしかスーパーがない人」じゃなきゃ、ストック買いの必要なんてありません。

こまめに買いにいったほうが新鮮なモノを食べられるので健康にもいいと思います。

 

ちなみにわが家の場合は、1日分の食材しか買わないので基本的にはスカスカです。

とりあえず下準備する

わが家の場合は、食材を買ってきたら早めに調理するようにしてます。

調理というか【下準備】ですね。これけっこう大事!

 

野菜だったら、すぐに使えるようにカットしておくとか

肉だったら、使いやすい大きさにカットしたり、火をいれておけば、いつでもカンタンに調理できます。

 

料理って加熱よりも包丁を使う”下準備”のほうが時間がかかっていることが多いので、この作業が終わっているかどうかはポイントです。

 

万能ネギなら、小口にカットしてタッパーにいれておけば、仕上げにガンガン使えますよね。

これがカットせずに、まんまのネギで残っていると…

れおな
れおな

「切るの、めんどくさいからネギなしでいいや」

となり食材ロスにつながってしまうわけです。

パッケージをはがす

ミニマリストだとやっている人が多いかもしれませんが、わが家でも

 

パッケージをはがせるモノは全てはがしてます。

 

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の著者でもある佐々木典士さんが言っていたのは「パッケージの情報がうるさいから」みたいな理由でした。

[amazonjs asin=”4847093461″ locale=”JP” title=”ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ -“]

 

ボクもその理由を少し含みますが、パッケージをはがす最大の理由は【残量が分かりやすいから】です。

 

調味料によっては、パッケージがジャマをして中身が見えにくい商品がけっこうあるんですよね。

そういう場合「あとどれくらいあるんだろ?」みたいなちょっとしたストレスがあるので、使い始めたら即すてます(笑)

 

それに残量がわかれば、すぐに買いにいけるのでストックせずにもすみます。

調味料はアレンジして使う

ソースやマヨネーズ、ドレッシングなど色んな調味料がありますが、アレンジして使えばけっこう使いきれます。

 

例えば

・ソース    →隠し味に使う
・マヨネーズ  →油の代わりに使ってみる
・ドレッシング →サラダだけじゃなく、ソテーにも使う

 

この他にも、すき焼きのタレで魚の煮付けを作ったり、おでんの出汁で茶碗蒸しを作ったりもできたりします。

 

「料理ヘタだからアレンジ難しい!」と思うかもしれませんが、メーカーのサイトを見たりググればカンタンに探せます。

 

調味料も同じ使い方しかしないと、なかなか使い切るのは難しいですが、いろんな料理に使うとけっこう使い切れますよ。

 

あとは、「色んな種類の調味料を買いすぎない」っていうのもポイント。

たまにしか使わないようなモノは、どうしても期限が過ぎてしまいがちなので、あまり使い慣れない調味料は買わないほうがいいかもしれませんね。

冷蔵庫のあまりモノを中心にメニューを考える

何も考えずに買い物に行くと、絶対にムダ買いをやりがち。

買い物に行く前は、冷蔵庫の中身を確認してメニューを決めるようにしましょう(スマホで写真をとれば一発です)

 

昨日のわが家の例ですが、

① キャベツがほぼ丸々残っている
② 冬はどうしても白菜を食べることが多いのでキャベツって残りがち
③ このキャベツ、長いこと冷蔵庫にいるな・・・使い切りたい‥

で、ここからキャベツを大量に消費するメニューを考えますが、考える必要はありません。

 

「キャベツ レシピ 大量」でググれば、メニューなんてたくさんでてくるので、そこから選べばいいだけ!

 

ロールキャベツ、お好み焼き、モツ鍋、ポトフ、回鍋肉など、いっぱいでてきます。

てな感じで、昨日はモツ鍋を作って食べたわけですが、無事キャベツを使い切りました。

 

①冷蔵庫確認→②使い切りたい食材にロックオン!→③メニューをググる

たったこの3ステップで食材をカンタンに使い切ることができます。

まとめ

① ストック買いをしない
② とりあえず下準備する
③ パッケージをはがす
④ 調味料はアレンジして使う
⑤ 冷蔵庫のあまりモノを中心にメニューを考える
というわけで、【食材を使い切る5つのコツ】でした。

 

「いろんなジャンルの料理を作りたい!」という人は、食材を絞るのは難しいかもしれませんが、実践しているコツはこんな感じです。

 

ミニマリストの意見としては、「凝った料理を食べたかったらお店に行ったほうが良い」というのが結論です(笑)

 

だってそっちのほうが絶対においしいし、わけわからん食材買わずにすむじゃないですか!

 

ってわけで、貴重な食材は大切に食べていきましょうね。

 

それじゃ、また!
[amazonjs asin=”4816360808″ locale=”JP” title=”ムダなく、おいしく使い切る 冷蔵庫整理のルール&レシピ”]
こちらの記事もおすすめ!