ミニマリズム

【ミニマリスト】シンプルな暮らしで得すること損すること

どうも、れおなです。

今回は「ミニマリストになって得すること&損すること」をまとめてみました。

 

これから「断捨離やってミニマリスト的な生活していくぜ!」って人は参考にしてみてください!

そもそもミニマリストってなに?

持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。
自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方で、大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイルである。

■ミニマリスト(ミニマリスト)とは – コトバンク

2015年には流行語大賞にも候補としてあがったので、ちょっとしたブームになりましたよね。

 

世間でもミニマリズムを実践している人はずいぶん増えたと思います。

【ミニマリストの定義】と有名なミニマリストをまとめてみたどうも、ゆるミニマリストのれおなです。 今回はブログテーマの1つでもある【ミニマリスト】という言葉の定義について解説してみたいと思...

ミニマリストのシンプルライフで得すること&メリットは?

掃除の時間が減る

家事の中でも一番めんどうな【掃除の時間】がめちゃくちゃ短縮できます。

 

我が家の例でいえば、

1日に掃除と洗濯で自分が動く時間はたったの15分。

 

モノをどかす手間がないのでルンバがいるならボタンを押して終了!

洗濯も乾燥までできるタイプならすぐに終わります。

 

週に数回、細かい部分をキレイにしたり雑巾がけをすれば、キープできるので「掃除がめんどう!」という感覚はなくなります。

 

探しものの時間が減る

ミニマリストになるとモノが少ないので

「どこになにがいくつあるのか?」

をほぼ把握しています。

 

部屋の中でモノが行方不明になるってことがないので、探す時間はゼロ。

 

例えばモノで溢れている家の場合…

・1日に合計10分の探しものする⇨1ヶ月だと5時間も費やすことになる。
・年間にすると約60時間(2日半)も探している。

 

家だけじゃなく仕事場でも探しものをしている人は、もっと時間を浪費していますからねー。

 

出かける準備がすぐにできる

3分以内に準備して家を出発できます!

・着る服決まってる
・持ち物おなじ!
・迷うことなし

だから3分以内の出発だって余裕でできる。

 

狭い家に住むと時間は増える!

広い家の場合は部屋を移動したりモノを探したりと、細かい時間を使ってしまいます。

狭い家なら、そもそも移動も最小限なのでその分の時間が増えるっていう理屈です。

掃除にかける時間も減るのでトータルすると、結構な時間を作れますよね。

 

ムダな浪費が減る

「物欲バンザイ!」だった時はムダに買い物をしてたけど、ミニマリストになって極端に物欲が減りました。

 

とはいえ必要なモノ、本当に欲しいモノは徹底的にリサーチして買います。

 

部屋が広く使える、家賃が安くなる

物理的にモノがなくなるから部屋も広く使えるようになります。

 

狭い家に引っ越せば家賃も安くすむので経済的ですよね。

家賃を減らさずとも【グレードの高い狭い部屋】に引っ越すっていうのもアリだと思う。

 

作業に集中できる

誘惑するモノがなくなれば、それだけやりたいことに集中できるようになります。

 

家で勉強や仕事をする時は、必要なモノだけを机に出して作業するのが集中するコツ。

視界に入ってしまうとどうしても気になってしまうので、没頭したい時は隠すのが基本です。

 

と言っても最近はスマホやパソコンに全て集約されている感があるので、ボクの場合は家だとやっぱり集中できません(意志が弱いので)

ボクと同じタイプの人は図書館やカフェに行って集中しましょう。

 

ストレスが減る

 

掃除する手間が減ったり、あまり時間に追われることがなくなるのでストレスは減ります。

余計な人間関係も断捨離できれば、付き合いに使うお金も心も消耗せずにすみますよ。

 

好き嫌いが明確になり人間関係も整理できる

「なんとなく好きかも」とか「流行ってるから」みたいな基準でモノを集めていると、本当に好きなモノって結構わからなくなるんですよね(ボクがそうでした)

 

丁寧に断捨離をやって自分の好みと向き合うことで本当に好きなもの嫌いなものが明確になります。

明確になることで、嫌いなものに時間を使ったりお金を使わなくもなるので一石二鳥。

 

人間関係も同じで「なんとなく付き合ってる友達」や「会社の付き合い」等、本当は必要ないモノは結構あります。

 

付き合うことで自分がレベルアップできる人や、一緒にいて楽しい、心地良いっていう人だけ残すほうが幸せになれます。

 

即断即決が得意になる

・好みの服を厳選する→すぐに選べる!
・使う道具を厳選する→すぐに仕事に取りかかれる
・自分の好みを把握している→メニュー選びに迷わない

最初は難しいですが意識すると色んな分野で即断即決できるようになります。

 

フットワークが軽くなる

・日常→すぐにでかける準備ができる
・旅行→持ち物が少なければ移動もラク。観光する時に負担にならない。
・引っ越し→引越し業者に依頼しなくていい。宅配便だけで完了できる。
・災害時→重要なモノがどこにあるか把握しやすいのですぐに避難できる。

 

持ち物により愛着がわく(モノを大切にできるようになる)

モノを大量に持っていた時は、今ほど自分の持ち物に愛着はなかったですね。

 

本当に必要なモノ、大好きなモノ、使い勝手のいいモノだけを残すと大切に使うし愛着も何倍にもなります。

 

気に入っているモノをアマゾンの【欲しいものリスト】に追加するのがオススメ。

こうすれば探す手間が省けるので、すぐに買い換えることができます。

 

もちろん別の商品で気になるモノが出てきたら比較検討はしますけどね。

 

逆に損すること&デメリットって何?

災害や緊急時に弱い

災害大国の日本の場合ミニマリズムは弱いですね。

・ 食料や水がお店で買えない場合は、どうすることもできない
・ 緊急時に必要な物(懐中電灯、ストープ、ラジオ、救急用品等)がないと困る

日本で災害が起きた場合は数日で他の地域から救援がくるので、よっぽど困ることはないと思います。

だとしても最低限の準備は絶対に必要!

 

一部の地域で起きた災害なら救援が間に合うかもしれませんが、広範囲で大規模災害が起きてしまうと救援部隊が来れない可能性があります。

 

ミニマリストでなくても日頃から準備しておきましょう。

労働意欲がなくなる

ミニマリストになると最小限のコストで暮らせてしまうので「お金は少しでもいいや」っていう感覚になる人がいます。

 

「お金より自分の時間がほしい」と極端に考えてしまうとで労働意欲が減ってしまうので注意が必要です。

家に人を招きづらい

一般的な部屋と比べるとモノが少なすぎるので、普通の人が来ると驚かれるかもしれません。

 

食器や寝具なども基本的には自分たちが使う分しかないので、そういうシーンで困りがち。

変な人だと思われる

最近は減ってきたように思いますが、変人扱いされる可能性はあります。

「絶対に不便でしょ」
「何が楽しいの?」
「宗教っぽい」
「意識高い系なの?」
「毎日同じ服きてない?」

みたいに思われるかもしれませんが、好きでやってるので完全スルーでオッケーです(笑)

むしろ変人扱いウェルカム!

意識しすぎると神経質になる

これは性格にもよると思いますが神経質になる人がいます。

 

特に断捨離にハマりはじめた最初の段階で

「あれも捨てなきゃ!これも捨てなきゃ!」みたいに意識しすぎて疲れてしまうなんてことも。

 

そして注意したいのが、自分がモノを減らして「これはいい!」と感じると他人にも激推しする人がいます。

 

ですがハッキリいって「余計なお世話」

 

断捨離やミニマリズムをやるのは個人の自由ですが、周りを巻き込むのはオススメしません。
(絶対に嫌がられます)

参考になる代表的なミニマリスト達

【佐々木典士】

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ」の著者。

日本で”ミニマリスト”という言葉を浸透させたのは間違いなくこの人ですね。

 

この本が出版された時はすでにモノが少ない生活をしていましたが、読んでさらに断捨離しました。

https://minimalism.jp/

 

【ミニマリストしぶ】

若手ミニマリストのしぶ君はこんな感じの人⇩

・服は全部で10着。その内の3枚は同じシャツ、3枚は同じズボン
・全く同じ靴が3足
・ベッドでも布団でもなく折りたたみマットレス
・家賃は2万2000円。物が少ないからスペースもいらない

しぶ君の日常がまとめられたこの記事もオススメです。めちゃくちゃおもしろい。

雰囲気も変わってますw

https://www.jimpei.net/entry/minimam

 

【スティーブ・ジョブズ】

アップル創業者のスティーブ・ジョブズもミニマリスト。

プレゼンの時も毎回同じ服装だったのは印象的ですよね。

 

【ジョブズの思考】

・毎朝どの服を着ようか悩んだり考えたりする時間がもったいない。
・服選びのような小さな決断でも、脳の負担になって判断力が落ちる。
・脳の負荷を軽減したい。

[amazonjs asin=”B01H74R4WI” locale=”JP” title=”スティーブ・ジョブズ 人生を変革する言葉”]

 

ミニマリストとシンプリストの違い

別に明確な違いがあるってワケじゃないですが、ボクが思うイメージはこんな感じ。

◆ミニマリスト=究極を目指す極限タイプ

・テレビない
・冷蔵庫ない
・洗濯機ない
・ベッドない
・ソファない

・部屋にはマットレスとiPhone&Macだけ!
・食材も毎回買いに走ります!

みたいなのが究極ミニマリスト(個人的なイメージ)

 

正直一人暮らしならこれでも十分成立する。

ボクも一瞬この感じになったことがあります(洗濯機は必需品だと認識した)

ミニマリストになっても絶対必要だと感じた家電は2つだけどうも、れおなです。 ミニマリズムな生活にハマってから、90%以上の持ち物を処分しました。 処分してみたけど...

◆シンプリスト=ゆるゆるミニマリズム

・冷蔵庫、洗濯機、テレビは持ってる。
・家具もちょっとある。
・極限型ミニマリストと比較するとモノの数は多い。
・一般家庭と比べれば、ムダなモノは少ない。

シンプリストのほうが、少し生活感があるって感じですかね。

ちなみに今のボクはこっちです。

 

家族ができると極限型はちょっとムリですね。

ほとんどの人は「ゆるミニマルライフ」が最適だと思います。

【まとめ】シンプルな暮らしで得すること損すること

【得すること】
・掃除の時間が減る
・探しものの時間が減る
・出かける準備がすぐにできる
・ムダな浪費が減る
・部屋が広く使える、家賃が安くなる
・作業に集中できる
・ストレスが減る
・好き嫌いが明確になり人間関係も整理できる
・即断、即決が得意になる
・フットワークが軽くなる
・持ち物により愛着がわく(モノを大切にできるようになる)
【損すること】
・災害や緊急時に弱い
・労働意欲がなくなる
・家に人を招きづらい
・意識しすぎると神経質になる

意志の弱い人こそミニマリズムはオススメ!

最近、勢力的に活動している人の多くはミニマリズム的な思考の人が多いので実践してみる価値はありますよ。

 

それじゃ、また!

こちらの記事もおすすめ!