ミニマリズム

ミニマリストになって人生の迷いをなくすたった1つの方法

どうも、ゆるミニマリストれおなです。

 

今回はミニマリスト思考を使って、人生の迷いをなくす方法を解説していきます。

モノをたくさん所有している人は、迷いやすい傾向にあるので、その理由と解消するための方法をまとめてみました。

「迷い」をなくすには選択肢を減らせばいい!

選択肢を減らせば迷わない!

これが結論です

 

「迷う」ということは、単純に選択肢がいっぱいあるから迷ってしまう。

だから、選択肢を絞ればカンタンに決めることができるようになります。

 

一般的な人が、即決できる選択肢の限界は3つ

 

それ以下まで減らせれば即断即決はできるようになります。

映画もレストランも【3】が多いのには理由がある

・レストランのコースは「A・B・C」和食なら「松・竹・梅」
・映画も3部作で構成されているものが多い

想像してみると分かりやすいと思います。

 

例えば、レストランでコースを頼もうとした時に

 

コースは10種類あります。どちらにしますか?」

 

となると、かなり悩みますよね。

 

どれがおいしい? 価格は? 料理構成は? 苦手な食材使われてない?と悩むポイントが多いと選べなくなってしまいます。

 

だから、ほとんどのお店はオススメコースが3つに設定されていることが多いですよね。

あれはお店側が、選ぶ手間を減らしてくれているってわけです。

 

映画のシリーズ物も【3部作】で構成されていたりしますが、それくらいが収まりがいいんでしょうね。

片付けができない人は「捨てられない人」

「部屋がゴチャゴチャしている」「掃除をいくらしても片付かない」

という人のほとんどは、モノを捨てようとしません。

 

部屋をキレイにするには、「収納グッズが必要だ!」とか思っていますから、さらにモノが増える運命にあります(無限にモノが増えていく…)

 

モノが多ければ多いほど、服やカバンを選ぶのに迷ったり、モノを失くして探す時間をかけてしまいがち。

 

迷うのに時間を使うほど、スタートは遅くなるし行動できる時間も減ってしまいます。

 

迷う時間を最小化して、本当にやりたいことに集中できなければ、いい人生なんて歩めるわけがありませんよね。

モノが捨てられない人が考える【3つの心理】

① 選択回避の法則

モノが増えすぎると、選ぶことができなくなる心理(上で説明した松竹梅のやつ)

選択肢が増えると、考えすぎて結局どれも選べなくなる。

② 損失回避の法則

モノを失うことに対する恐れや、損をしたくないという心理。

 

人は無意識に、得するよりも損することを避けようとします。

その理由は、失うことのほうが更にツライと感じるから。
(1万円もらうより、1万円失くすほうがツライでしょ?)

 

モノが捨てられない人は、

【捨てること=損】

と考えているので、捨てることができません。

③ 保有効果

自分が所有しているモノに高い価値があると錯覚してしまう現象。

 

車も一週間ほど試乗できる場合がありますが、あれも保有効果を狙ったセールスですね。

一週間も使うと、愛着がわいてしまい、ついつい買ってしまう(怖)

 

ガラクタも一緒で「自分のモノ」という理由で捨てられない人はたくさんいます。

たぶん、ゴミ屋敷のおっちゃん達はこの感覚なんでしょう。

 

結局、モノを捨てられない人は過去を捨てられないということ。

 

部屋は散らかるし、人生には迷うし良いことなんてありません。

何も決めることができないので、現状維持が限界!

いや、たぶん衰退していきます。

迷いをなくすテクニックは、勉強や仕事にも活かせる

例えば、英語を勉強する時も覚えることは大量にありますよね。

何から手をつけたらいいか分からない状態ってやつです。

 

でも、やることを絞ってハードルを下げればカンタンに行動できるようになります。

 

「今日は単語だけ覚えよう」

「今日は発音だけ意識してやろう」

 

みたいに、選択肢が決まっていれば迷うことなく動き始めることができます。

まとめ

断捨離テクニックは、部屋が片付くのはもちろん、即断即決ができる自分に変わることができます。

 

迷いを捨てることができれば、行動力も上がるので「3つ以下に絞る」を実践してみてください。

かなり効果はありますよ。

 

それじゃ、また!

[amazonjs asin=”4054065996″ locale=”JP” title=”人生を思い通りに操る 片づけの心理法則”]

こちらの記事もおすすめ!