ミニマリズム

【ミニマリストの定義】と有名なミニマリストをまとめてみた

どうも、ゆるミニマリストのれおなです。

今回はブログテーマの1つでもある【ミニマリスト】という言葉の定義について解説してみたいと思います。

流行語にもノミネートされ世間から注目を浴びた言葉ですが、そもそもの意味を理解していない人は意外と多いはず。

ミニマリストの定義とは?

・持ち物をできるだけ減らし、必要最小限の物だけで暮らす人。
・自分にとって本当に必要な物だけを持つことでかえって豊かに生きられるという考え方。
・大量生産・大量消費の現代社会において、新しく生まれたライフスタイル。
・「最小限の」という意味のミニマル(minimal)から派生した造語。
・物を持たずに暮らす人の意味では、2010年前後から海外で使われるようになった。
・何を持ち何を持たないかは人それぞれだが、少ない服を制服のように着回したり、一つの物を様々な用途に使ったりする。
・誰かと共有したり借りたりすることで、自分が所有する物を厳選している点が共通している。
・自分にとって本当に大事な物を見極めて必要な物だけを取り込むことで楽に生きたい人が増えてきた。
・「断捨離(だんしゃり)」などにも通じる考え方。
・対義語として、全てを要求し決して妥協しようとしない一派がマキシマリスト maximalist (最大限綱領派) と呼ばれた。

引用元*コトバンク

 

一番のポイントは②の「自分にとって本当に必要な物だけを持つこと」 かなと思います。

世間的には、必要以上にモノを排除した人と勘違いしている人が多いように感じます。

 

ガチガチに「これがミニマリストだ!」みたいな定義が存在するわけじゃないので、生活スタイルは個人でかなり差がありますね。

 

部屋にはまったく何も置かない人もいれば、大好きなガジェットや家電を厳選して愛用している人だってミニマリストなわけです。

自分が必要だと感じいてるものに囲まれて豊かに生活できているなら、それはミニマリズムで間違いないんですよね。

ミニマリストは大事なコトやモノに集中する生き方

ミニマリストになると、必要なモノやコト、人を厳選するようになるので自然と集中できるようになります。

例えば

・仕事で使う道具が大量にあると、選ぶのに時間を使ってしまい、なかなか作業にとりかかれないが、厳選されていれば、すぐ作業にとりかかれる。
・ムダな人付き合いが減れば、本当に大切な人とだけ過ごすことができる。
・毎日着る服が決まっていれば、服選びで悩まない。

普通に生活していると気づかないですが、モノは存在するだけで意識をとられます。

意識をとられるってことは、脳が疲れてしまうということなので、集中力も落ちてしまうんですよね。

モノも情報も溢れている現代で疲れている人が増えたからこそ、必然的にミニマリストが生まれたんだと思います。

有名なミニマリスト

佐々木典史

「僕たちにもうモノは必要ない」著者

おそらく「ミニマリスト」という言葉を日本に広めた人。

 

佐々木さんの初期の”がらーんとした部屋”のイメージが強すぎて、ミニマリスト=変人みたいなイメージも広まった感じがしますね(笑)

 

現在は、京都に住んでいるようでベッドや机も使う”ゆるミニマリズム”を実践しているようです。

ミニマリストしぶ

View this post on Instagram

部屋の中、最新版です。 : ここ最近の大きな変化は、マットレスが増えたことですね。 : 四畳半の中に詰まってるのは、少しの服と日用品、少しの家電と寝具だけ。 : こうして一望すると、生活に必要な物はそう多くないとよく分かりますね。 : #部屋 #四畳半 #マットレス #エアリーマットレス #無印良品 #羽毛布団 #洗濯乾燥機 #お掃除ロボット#ミニマリスト #ミニマリズム #ミニマル #ミニマルライフ #持たない暮らし #シンプル #シンプルライフ #断捨離 #minimal #minimalist #minimalism #simple #simplelife #lifestyle #belongings

A post shared by ミニマリストしぶ (@minimalist_sibu) on

『手ぶらで生きる。見栄と財布を捨てて自由になる50の方法』著者

・都内の小さなワンルーム(6畳)で生活。

・家賃は月1.9万円で、生活費をトータルしても6万円程。

・【MInimalist】という会社の代表として「ミニマリズムの魅力を広める」を目的に事業を行っている。

るってぃ

View this post on Instagram

「地方創生」って字面からしてモテなさそうだから興味ないんですけど(僕の活動の根源がモテにコミットなので)、⠀⠀ ⠀ 地方で「発信力強化合宿」と銘打ったSNSマーケティングの活用方などを教えてる。⠀ ⠀ 地元の魅力を中から発信したり他県から人を集客できる「ブランド人」を輩出する。⠀ ⠀ 僕は旅の先々でSNSで集めた若者とテキトーに飲んで、彼らの夢を自分の発信力で応援したり、他の人と繋げることはできると思う。⠀ ⠀ そうやって、自分が楽しむことを最優先にしつつ、僕が旅してれば勝手に地方が盛り上がっていくくらいの影響力は持ちたい。まあ、あくまで自然に。⠀ ⠀ だから行政は俺のことを「旅する地方創生」と呼んだ方がいいと思う!てか呼べ!⠀ Photo by @sekainoandoh ⠀ ⠀ #国内旅行 #福岡旅行 #地方創世 #地方活性化 #暮らすように旅する #暮らすように旅をする #暮らすように旅したい #海外旅行大好き #海外好き #海外旅行✈️ #海外旅行記 #海外旅行行きたい #旅行好き #旅行大好き #旅行したい #旅行✈️ #旅行行きたい #旅の思い出 #旅行いきたい #情報発信 #ひとり旅 #バックパッカー #バックパック #バックパッカー旅 #バックパッカー女子 #一人旅 #tabitech #インフルエンサー #マイクロインフルエンサー #ブロガー

A post shared by るってぃ/プロ無職⠀ (@rutty07z) on

”プロ無職”として活躍中。

プロ無職とはいえフリーランスとして面白い生き方を実践している人。

 

東京のシェアハウスにゼロ円で住んでいたり、SNSを活用して「全裸スタート」から旅をしたりしてる。

ミニマリストとしては最強レベルの「たった2畳の部屋」で生活。

中崎タツヤ

View this post on Instagram

. #もたない男 #中崎タツヤ ———————————- 究極の断捨離スト 漫画家イチ、物がない人 . 漫画家さんの家って資料とかたくさんあって物で溢れてるイメージだけど、中崎先生の部屋は気持ちいいぐらいに何もない。 . 病気レベルの捨て変態のエッセイ本です。 . 自分もミニマリストを目指す断捨離ストで、日々捨てれるものがないか探している捨て変態なので共感ばかりでした。 . さて、おひさしぶりの投稿です。 ちょこちょこ本は読んでいたんですが、実家の断捨離に明け暮れていた毎日でなかなかインスタ出来ませんでした。 . 自宅にあるものはだいぶ捨てまくってしまい、もう捨てるものがなくて欲求不満気味だったのですが、捨てれる物がまだまだたくさんある実家の断捨離にアドレナリン出まくって楽しい日々を送ってました笑 . あぁ、不要な物を捨てるのって幸せ。 ———————————- #断捨離 #ミニマリスト #捨て変態 #漫画家 #仕事部屋 #エッセイ ———————————- #読書 #読書記録 #活字中毒 #本の虫 #読書好きな人と繋がりたい #読了 #reading #booklover #bookstagram ———————————- #yuka_book_2018

A post shared by yuka_book (@yuka_book) on

マンガ「じみへん」やエッセイ「もたない男」の著者

狂気のミニマリスト漫画家です。

 

・人を家に呼んだら「不動産屋の内見ですか?」と言われる。

・本は読んだそばからビリビリ破り捨てていくスタイル。

・パソコンも捨てたけど一番好きだった機能はゴミ箱。

・ものはなくても記憶は残るという考え方。

 

本を読みながら破り捨てていくエピソードはおもしろすぎませんか(笑)

覚えているうちに読み進めないと、内容がわからなくなりそうだけど極めるとそうなってしまうのか…

こういうミニマリストも嫌いじゃないです。

本田直之

「LESS IS MORE 自由に生きるために、幸せについて考えてみた。」著者

この他にもシンプルでカッコいい考え方の著書がたくさん出ています。

 

レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長。

日本で”ミニマリスト”という言葉が一般化する以前から、ミニマリズムな生き方を提唱していた。

堀江貴文

超有名【ホリエモン】です。

堀江さんも実はミニマリズム的な考えの人。

・家を持たずホテルで暮らす

・荷物少なくなるからイイ、ヘンなモノが増えない

・財布はもたずにマネークリップとスマホがあればいい

 

物も時間も極限まで切り詰める「没頭の鬼」です。

高城剛

View this post on Instagram

#高城剛 #nextraveller #THISISNOTASTORE

A post shared by 中村 祥一 (@avikojack) on

「モノを捨てよ世界へ出よう」の著者。

世間では”ハイパーメディアクリエイター”として知られていますよね。

最小限の持ち物で世界中を旅しまくってる印象。

高城さんもおもしろい生き方してます。

北川景子

超美人女優のミニマリスト。

 

・洋服を買うときは同じ数だけ手放す

・クローゼットに10着しか入っていない

・夫のDAIGOは整理収納アドバイザーの資格を持っている

・普段メイクもあまりしない。

 

2人の部屋は、めちゃくちゃキレイなんでしょうね。見てみたい。

バラク・オバマ

View this post on Instagram

This is one of those pivotal moments when every one of us, as citizens of the United States, need to determine just who it is that we are. Just what it is that we stand for. And as a fellow citizen, not as an ex-president, I delivered a simple message to students at the University of Illinois today. You need to vote, because our democracy depends on it. The biggest threat to our democracy doesn't come from any one person. The biggest threat to our democracy is indifference. The biggest threat to our democracy is cynicism – a cynicism that’s led too many people to turn away from politics, and to stay home on Election Day. The antidote to government by the powerful few is democracy by the organized many. If you get involved, and engaged, and knock on some doors, and talk with your friends, and argue with your family members, and change some minds, and vote – then something powerful happens. Change happens. Hope happens. With each new candidate that surprises you with a victory, a spark of hope happens. With each new law that helps a kid read, or a poor family find shelter, or a veteran get the support he or she has earned, hope happens. With each new step we take in the direction of fairness, and justice, and equality, and opportunity, hope spreads. I believe that can be the legacy of your generation. You can be the generation that stood up and reminded us just how precious democracy is, and just how powerful it can be when we fight for it. I believe you will. Because I believe in you. And I’ll be right there alongside you, every step of the way.

A post shared by Barack Obama (@barackobama) on

第44代アメリカ合衆国大統領。

オバマさんも”私服の制服化”を実践していて、毎日ほぼ同じスーツを着ることで有名。

「私は常にグレーか青色のスーツを着用している。
こうすることで私が下さなければならない決断の数が減るんだ。
何を食べるか、何を着るか決める余裕はないし、他に決断しなくてはならないことが山のようにあるから」

マーク・ザッカーバーグ

FacebookのCEO。

マーク・ザッカーバーグもオバマさんと同じ考え方ですね。

毎日同じシャツやパーカーしか着ない徹底具合。

「僕は社会への貢献に関係しない決断はできるだけ下さないようにしている。
実はこれは多くの心理学的な理論に基づいていることで、何を食べるか、何を着るかなどのたとえ小さな決断でも、繰り返し行っているとエネルギーを消費してしまうんだ。
日々の生活の小さな物事にエネルギーを注いでしまうと、僕は自分の仕事をしていないように感じてしまう。
最高のサービスを提供して、10億人以上もの人々を繋げることこそ、僕のすべきことなんだ。
ちょっとおかしく聞こえるかもしれないけど、それがぼくの理由だよ」

スティーブ・ジョブズ

View this post on Instagram

#ジョブズ #apple

A post shared by shintarou_yamashita (@shitarou_yamashita) on

みんな大好きAppleの創業者。

毎日同じ、黒のタートルネックにジーンズを着ていたことでも有名。

製品発表会のプレゼンの時も定番の格好でしたよね。

 

仕事に対してもミニマリズムな考え方で、ジョブズがいた頃のアップルは本当に厳選されたラインナップでした。

現在もアップル製品にはジョブズにミニマリズムが引き継がれている印象はあります。
(最近はミニマムすぎて少し使いにくいですけどね…)

まとめ

「ミニマリストの定義」どうでした?

実践してる人にとっては当たり前な考え方だけど、知らない人にとっては

 

「モノを持っててもミニマリストなのか!」

 

と驚いたかもしれませんね。

 

またミニマリズムを実践している人たちは、カッコいい生き方をしている人が多い印象。

余計なモノや情報を排除することで、自分が本当にやりたいことに集中するというのは、これからの時代大切な考え方です。

 

本当に必要なモノだけを残して人生を楽しんでいきましょう!

それじゃ、また。

こちらの記事もおすすめ!