買ってよかった!

ミニマリストブロガーにオススメしたいカメラの選び方

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

今回はミニマリストであるボクがオススメするカメラのお話。

 

「ミニマリストならスマホがあれば十分じゃないの?」

と思うかもしれませんけど、そこは変なこだわりがあって専用のカメラを使っています。

まぁ単純に【カメラ】っていうガジェットが好きなだけです(笑)

 

ちなみにこのブログの写真もスマホを使っていたんですが、「なんか納得いかない…」となり

嫁ちゃんの持っているミラーレスを借りるようになりました。

 

ですが、古い機種のせいか【ピントが遅い】【暗い】【使いづらい】の三重苦!!

そのストレスを払拭するために去年、あたらしくカメラを購入。

 

というわけで【ミニマストが選ぶカメラの基準】をまとめてみました。

使っているのはソニーのコンデジ【RX100 M4】

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4

少し前の機種ですが、ソニーの【RX100 M4】というカメラを使っています。

値段もかなり落ち着いている上に、必要十分な画質と機能なのでこちらを購入しました。

実は以前に【RX100 M3】を使っていたこともあるんですが、性能と使い勝手の良さを知っていたので即決!

 

ちなみ最新機種の【RX100 M6】もリリースされていますが、ブログで使う分にはM4で十分です(なんならM3でもいいくらい)

 

てことで、ミニマリストのボクがRX100を選んだ理由を解説していきたいと思います!

小型軽量であること

カメラにとって小型軽量っていうのは、最大の武器であり機動力になります。

 

過去には一眼レフやミラーレスも色々と使ってきましたが、やっぱりどうしてもデカくて重いんですよね。

いざ「写真とりたい!」と思ったときも、カバンの中にあると「うーん、めんどくさーい!」となりがちなので、コンパクトであることはかなり重要です。

 

そういう点では、実はスマホが最強のカメラなんですけどね(笑)

ファインダーがある

天気のいい日に、屋外で撮影しているとモニターだけだと、画面がよく見えない時があります。

最近のスマホは画面がかなり明るいので、見やすくはなりましたがそれでも見づらい時はありますね。

 

そういう時にファインダーさえあれば、確実にピントが合わせられるので個人的には欲しい機能の一つ。

スマホの画面で撮影するのに慣れている人は、「そんなの必要ないでしょ」と思いがちですが、視認性は全然違います。

 

ファインダーは圧倒的に見やすいですから!

 

ちなみに高級コンデジでも、ファインダーがないモデルもあるので購入する場合は注意してください。

ズームができる

スマホのカメラだと光学ズームができないモノが多いので、ある程度ズームできるモデルが条件です。

 

特に、お店の看板や遠くのモノを撮影しようとするとスマホだと限界を感じますね。

ただし最近のスマホは光学ズームも2倍くらいならできるので、ちょっとは改善されてます(iPhoneX も光学2倍)

 

とはいえ、ズームレンズを搭載したコンデジなら2倍以上ズームできるのでやっぱり使い勝手はこちらのほうが上。

 

ちなみにRX100 M4は2.9倍。 最新のM6はなんと8倍ズームまで可能です(これは結構スゴイ)

バリアングルやチルト液晶が使える

「バリアングルやチルト液晶ってなに?」

という人のためにカンタンに説明すると、背面のモニターを動かせるカメラのことです。

 

ちなみに【バリアングル式】はこういうの⇩

 

【チルト式】はこういうタイプです⇩

 

スマホの場合は、画面が固定されているので撮影する時にどうしても撮影しづらいシーンがでてきますよね。

 

例えば、高い位置から見下ろすように撮ったり、下から上を見上げるように撮影したりするのにモニターが動かせるとラクに撮影できます。

嫁ちゃんに借りてたミラーレスは、画面が固定のカメラだったんですが、めちゃくちゃ不便に感じました。

 

可動式のモニターなら自撮りする時も安心感があるので、バリアングルやチルト液晶は全てのカメラに搭載してほしいですね。

レンズ一体型であること

レンズ一体型っていうのも個人的には大きなポイントです。

 

レンズ交換式の一眼レフやミラーレスは、レンズさえ交換すればいろんな画角やボケが楽しめるという利点はあります(もちろん画質もいい!)

 

ただどうしても、重く大きくなりがちです。

 

それに交換式である以上、どうしても色んなレンズが欲しくなっちゃうんですよ!(レンズ沼…)

その点コンデジなら一度買えば散財することもないのもオススメです。

 

またレンズ交換式のカメラと違って、内部のセンサーにゴミも入りづらいのでそこらへんも安心感はありますね。

 

それと地味にメリットなのは、一眼レフ等と違ってレンズキャップが必要ないってこと。

一眼レフやミラーレスを使ったことがある人なら、わかると思いますがレンズキャップって結構ジャマになるんですよね。

 

コンデジの場合は、電源を落とせば勝手にレンズを守ってくれるので、そういう点では扱いやすいのもいいです。

まとめ

① 小型軽量であること
② ファインダーがある
③ ズームができる
④ バリアングルやチルト液晶が使える
⑤ レンズ一体型であること
というわけで「ミニマリストがカメラを選ぶ基準」でした。

 

正直いって最近のスマホなら、めちゃくちゃキレイな写真が撮れるのでそれでも十分だと思います。

 

でもやっぱり【専用機の良さ】というのは絶対にあるので、少しでもこだわりたい人は選ぶ基準として参考にしてみてください。

 

それじゃ、また!
[amazonjs asin=”4774179639″ locale=”JP” title=”今すぐ使えるかんたんmini SONY RX100 基本&応用 撮影ガイドRX100IV/RX100III/RX100II/RX100完全対応”]
[amazonjs asin=”B010EWIN6Q” locale=”JP” title=”SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 IV 光学2.9倍 DSC-RX100M4″]
こちらの記事もおすすめ!