ミニマリズム

【随時更新】いらないものリスト

ども、ゆるミニマリストのれおなです。

 

この記事は備忘録として、ボクがいらないと思うモノをリスト化してみました。

断捨離したら随時更新していくつもりです。

断捨離している人は参考にしてみてください!

 

紙の本や雑誌

重い、かさばる、読み返さない!

こういう本や雑誌は処分。

基本は電子版。

電子版がリリースされていない場合は、紙の書籍を買って読み終わったら即ブックオフへ!

 

CDやDVD

ほとんどネット配信で見れる。

配信されていないモノは、データ化してスマホやPCに入れておけばいい。

 

ポイントカード

ポイントはお店側が客寄せのためにやっていること。

ほとんど貯まらないから、よく行くお店以外のモノはいらない。

 

テレビ

惰性で見ていると、ひたすら時間を奪われる。

おもしろいコンテンツも少ない。

 

バスタオル

場所をとるし乾きにくいしフェイスタオルで十分。

 

バスマット、キッチンマット

すぐに汚くなるし、洗濯するのがめんどう。

バスマットは、体を拭いた後のタオルで代用すればいい。

キッチンマットもないほうが掃除しやすい。

 

三角コーナー

いらない。ゴミ袋で十分。

三角コーナーにゴミを溜めるから、臭くなるしそのものを洗う手間も。

すぐに捨てる習慣があれば必要ないです。

 

排水口のフタ

とったほうが掃除しやすいし汚れにくい。

溜まった髪の毛にも気づきやすい。

 

ゴミ箱

直接袋に捨てればオッケー。

ゴミ箱は場所もとるし汚くなるから、ないほうがいい。

 

水切りカゴ

ふきんやタオルで水切りできる。

カゴを洗う手間もいらないし、場所も広々使える。

 

電気ポット、やかん

お湯は鍋で沸かせばいいじゃん。

 

時計

スマホやパソコンがそばにあるからそれを見ればいい。

 

財布

スマホケースにカードやお札を入れて使っている人も増えたし、それで十分。

 

昔使っていた携帯電話

思い出として、持ち続ける人もいるけど”使わなきゃ意味がない”

バッテリーが劣化していくと、数年で使えなくなるので新しい機種に変えたら、売ってしまったほうがお得。

 

思い出の品

撮影して処分。

思い出は実物がなくても、写真で思い出せる。

クラウドにアップしておけば、世界中どこにいても見返せます。

 

収納グッズ

収納グッズを使うと、ムダなモノがどんどん集まってくる。

部屋に設置されている収納スペースに収まりきれる量が丁度いい。

 

ゴミみたいな情報

ネットとスマホが普及したおかげで、いくらでも情報を見ることができるようになった。

ただ時間を食いつぶすゴミみたいな情報もあふれているから、注意したほうがいい。

 

ダイニングテーブル

スペースをとるし掃除しにくいので断捨離。

コタツにもなるローテーブルなら圧迫感もないし、一年中活躍してくれる。

 

ベッド

ベッドは引っ越し&処分するのが大変。

布団やマットレスで快適に眠れるし、部屋も広く使える。

 

マイホーム、広すぎる家

ミニマリストなら狭い家でも快適に暮らせるし自由。

マイホーム購入のデメリットは、近隣トラブルがあっても気軽に引っ越せない。

災害の多い日本でマイホームを買うのは、かなりリスクが高い。

 

マイカー

仕事で車を使わなければ必要ない。

電車、バス、タクシーを利用すれば移動中でも自分の時間を作れるし維持費もかからない。

高齢化が進む日本では、もらい事故の確率もあがっているのも気になる。

それこそ人を引いてしまえば人生が狂う。

 

ネットの固定回線

最近のモバイル回線なら、不便なくネットを使える。

固定回線は工事や契約等がめんどう。

モバイルWi-Fiなら家でも外でも使えて節約にもなる。

 

プリンター

コンビニやネットプリントが便利。

めんどうなインクや紙の管理をしなくていいし、家庭用プリンターよりキレイ。

コンビニなんて徒歩圏内にあるから、プリンターは所有する必要がない。

 

ストック

お店にいけば大量にストックされているから、わざわざ自分でストックする必要ない。

 

ムダな人間関係

会社での付き合いや学生時代からの付き合い。

惰性で付き合うのは相手にも失礼だし、なにより時間がもったいない。

「本当に会いたい人」とだけ付き合ったほうが幸せになれる。

 

 

まとめ

社会が作った一般常識はとりあえず疑ってみるべきです。

 

当たり前のように「みんなが持っている」「使っているから」という理由で使っている人が多いけど、本当は不要なモノであふれていますからね。

 

ムダなモノを捨てて、本当に好きなモノに囲まれて生きていったほうが幸せだしお金も貯まりやすくなります。

それじゃ、また!

 

スポンサーリンク

こちらの記事もおすすめ!