ミニマリズム

悪習慣を断捨離して良い習慣に変えるための2ステップ

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

今回のテーマは【習慣】について。

 

「自分を変えたい」とか「なにか新しいことをやりたい」という気持ちがあっても、なかなかうまくいかないなぁっていう経験はないですか?

人間の行動のほとんどは、習慣でできているので、単純に「新しいことをやりたい」と思うだけでは、うまくいきません。

 

なぜかというと悪習慣があなたの時間を奪っているからです。

 

また、すでに身についてしまった悪習慣を変えることはかなり大変!

「自分を変えたい」「新しいことをやりたい」と考えるなら、まずは悪習慣を断捨離するのが先決なんです。

 

というわけで、今回は【悪習慣→良い習慣に変える方法】をお伝えしたいと思います。

ムダな習慣を断捨離する2ステップ

① 1日の自分の行動をすべて書き出す
② 理想の1日の流れを細かく書き出す

① 1日の自分の行動をすべて書き出す

まずは、自分が1日のうち何に時間を使っているのかを細かく書き出していきます。

メモでもスマホでもいいので、なにか行動を起こしたら内容と所要時間を記録していってください。

もちろん起きてから寝るまでの全ての行動です。

 

書き出すことは、細ければ細かいほど効果があるので1分単位での記録がオススメ。

理想としては、1週間くらい記録すると自分の習慣がバッチリ見えてくるはずです(ただ慣れるまでは大変なので頑張りましょう)

 

悪習慣がある人が記録をすると、ムダな時間を過ごしていることがよく分かると思います。

まずは悪習慣をしっかり認識しましょう。

② 理想の1日の流れを細かく書き出す

ステップ1で現状の悪習慣が判明しましたね。

 

生活のほとんどは無意識(習慣)で動いているので、まずは悪習慣をやめることを意識的に考えます。

その理由は、いきなり「新しい行動」を現状に詰め込もうとしても、絶対に失敗してしまうから。

今は悪習慣が生活リズムにしみついてしまっているので、まずは完全に断ち切る作業が必要なんです。

 

一度しみついてしまった習慣を変えることはカンタンじゃありません。

意識するためにステップ1と同じく、悪習慣がなくなるまで1日の記録をつけていきましょう。

 

悪習慣に使っていた時間が浮けば、新しい良い習慣をあてはめていくことができます。

そうしたら、次に理想の1日の流れを細かく書き出していきます。

そして理想の1日の流れが決まったら、ステップ1と同じように記録していきます。

 

悪習慣を良い習慣に変えるのは、かなり大変な作業。

良い習慣が完全に定着するまでは、たぶん早くても3ヶ月~半年くらいはかかってしまうと思います。

油断していると、また悪習慣に戻ってしまうので、定着するまで1日の記録をとりつづけるのがオススメです!

長期間、記録をとりつづけるのは大変だと思うので、慣れてきたら3日1回くらいの記録でもいいかもしれません。

ただし「悪習慣を断ち切って絶対に変わるぞ!」という気持ちは忘れないようにしましょう。

まとめ

① 1日の自分の行動をすべて書き出す
② 1日のうちのムダな行動や時間を見つける
③ 意識的に悪習慣を辞める(1日の記録をつけると効果的)
④ 理想の1日の流れを細かく書き出す
⑤ 良い習慣を無意識でできるようになるまで、行動を記録する

というわけで、【悪習慣→良い習慣に変える方法】の紹介でした。

 

なにをやっても続かないという人は、たぶん悪習慣をやめていないから。

あなたの行動の97~99%は無意識の習慣なので、まずは悪い習慣を断ち切ってから、新しいことに挑戦してみてください。

 

きっとうまくいくはずです!

それじゃ、また。

[amazonjs asin=”4799107593″ locale=”JP” title=”習慣が10割”]

こちらの記事もおすすめ!