カンタン料理

料理人が思うクックドゥ4つのメリット

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

春から新生活が始まると思いますが、みなさん自炊してますか?

めんどくさいのはわかりますが、料理なんて超簡単に作れるので習慣にしたほうが良いと思います。

 

というわけで、今回は料理人歴20年のボクがクックドゥ(合わせ調味料)のメリットについて解説したいと思います。

クックドゥのメリットはコレだ!

①失敗が少ない
②時短できる
③おいしい
④調味料をそろえなくていい

 

①失敗が少ない

View this post on Instagram

クックドゥの豚バラ大根煮をちゃんと作ってみた  ☑ 大根と豚バラだけで作れて便利 ☑ 調理時間たった10分 ☑ すき焼き煮だからちょっと甘め ☑ ご飯には抜群に合う!! ☑ 絹さやはレンチン1分しただけ ☑ 青野菜が入るだけで食感も香りもよくなる  #時短 #時短料理 #時短レシピ #簡単レシピ #節約 #節約料理 #節約レシピ #デリスタグラマー #簡単レシピ #やりくり #食費 #常備菜 #家計管理 #クッキングラム #自炊生活 #自炊男子 #料理初心者 #ズボラ飯 #ズボラレシピ #手抜きごはん #クックドゥ#大根豚バラ煮#フライパンレシピ 

A post shared by reona works (@reonaworks) on

クックドゥ等の市販の合わせ調味料には、詳しい作り方がパッケージに書いています。

 

材料の量や切り方、調理の方法まで細かく説明されているので誰でも簡単に作ることができるのでほぼ失敗なく作れると思います。

 

あえて失敗しないじゃなく「失敗が少ない」と書いたのには理由があります⇩

 

料理が下手な人ほど、レシピをシカトして作りたがるっていうのが最大の問題です(笑)

 

アレンジするのは素晴らしいことですが、料理知識のない人がいきなりアレンジしても失敗する確率のほうが高いですからね。

 

慣れるまではレシピどおりに作ったほうが絶対においしく作れます。

料理の勘がなんとなくわかってきてから、食材を変えてみたり調味料を足して作ったほうが安全ですよ(笑)

 

とにかくクックドゥの言うとおりに作れば、誰でも失敗せずに作れるのが1つ目のメリットです。

 

②時短できる

クックドゥのメリット2つ目は「短い時間で料理を作ることができる」です。

 

自分で料理を作る時は色んな調味料を混ぜて作りますが、最初からベストなバランスで合わさっているので計量する時間が必要ありません。

 

時間を短縮できるのはもちろん、計量するための器具も必要ないので洗い物も少なくすむっていうのもいいですよね。

 

そういうのも考慮すると、けっこう時間の節約になるので仕事や家事で忙しい人はガンガン使ってみるのもありだと思います。

 

③おいしい

View this post on Instagram

【クックドゥでプルコギを作る!】  ① 牛肉に合わせ調味料をもみこみ10分おく ② にんじん、豆もやし、えのき、ニラを適当に切る ③ 油をひいたフライパンで牛肉とにんじんを炒める ④ 肉の色が変わったら、豆もやしとエノキを追加 ⑤ 野菜に火が入ったら最後にニラを入れてかるく合わせる   甘辛い味付けでご飯がススム!!  クックドゥなら料理下手でも失敗しないから、こういうのから料理に慣れていくといいと思う! ボクは調味料合わせるのが面倒なので、こういうやつをよく使いますw   #時短 #時短料理 #時短レシピ #簡単レシピ #節約 #節約料理 #節約レシピ #デリスタグラマー #簡単レシピ #やりくり #食費 #常備菜 #家計管理 #クッキングラム #自炊生活 #自炊男子 #料理初心者 #ズボラ飯 #ズボラレシピ #手抜きごはん #クックドゥ#プルコギ#韓国料理#フライパンレシピ#韓国すき焼き風炒め

A post shared by reona works (@reonaworks) on

クックドゥは簡単に作れる割にどの商品もおいしいものばかり。

 

作る瞬間に合わせる場合と違って香りや味がボケている感じもしますが、家の食卓で食べるには十分なおいしさだと思います。

 

春から一人暮らしになって「はじめて料理をする」なんて人は、いきなりオリジナルで作るんじゃなくクックドゥ(合わせ調味料)を活用すべき。

 

レシピ通りに作るだけでも野菜の切り方や火加減のコツもつかめるので、これをお手本にすれば意外と勉強になると思いますよ。

 

④調味料をそろえなくていい

ミニマリスト的にはこれが最大の利点ですね。

 

醤油、酒、みりん、塩、コショウ、砂糖、みそ、マヨネーズ、ソース、だし、甜麺醤、豆板醤、白だし・・・・

みたいに調味料なんて無限にあるわけですよ。

 

「和食、洋食、エスニックとか色々食べたい!」となると変わった調味料を手に入れる必要がでてきますよね。

 

例えばチリソースやナンプラーみたいなやつです。

 

そうすると他の料理での活用方法がわからないから結局使い切れなくなるんです。

「使わないのに冷蔵庫にあって、いつのまにか賞味期限がキレている…」

って経験ないですか?(ボクは結構あります)

 

その点、クックドゥ等をうまく使えば手持ちの調味料は最低限ですみます。

「今日はバンバンジーを作るぞ!」となると、ごま、ごま油、醤油、酒、酢、砂糖、みそ、豆板醤、ニンニク・・・

など色々そろえる必要がありますが、クックドゥなら1つ買うだけ!

 

普通の調味料と比べると少し割高ですが、”使い切る”という観点からみればこっちのほうが安上がりになるはず。

あとはゴミも減らせるので環境にもいいかもしれないですね。

 

まとめ

クックドゥのメリット

①失敗が少ない
②時短できる
③おいしい
④調味料をそろえなくていい

 

というわけでクックドゥ(合わせ調味料)のメリットのお話でした。

 

もちろんデメリットもあって

① 手抜きだと思われる
② 調味料としては割高
③ 添加物が気になる

などもありますが、うまく活用してけば日々の家事が楽にこなせるようになります。

 

①の「手抜きだと思われる」っていうのはシカトでいいと思います(笑)

家で自分が何を食べようが他人には関係ないですからね。

 

あとは添加物も気になりますが、市販の調味料はほぼ添加物入っているのでそこまで大差ないです。

 

それよりコンビニやスーパーで売られている弁当や惣菜のほうが、添加物の量はヤバイ。

 

野菜やお肉を買ってきて自分で調理すれば添加物の量は抑えられるので、こっちのほうがよっぽど健康的な食生活ですよ。

 

クックドゥは個人的に好きなので、これからも色々試していこうと思います。

それとインスタグラムでも「ズボラ飯の作り方」を発信しているので興味ある人は遊びに来てください。

 

それじゃ、また!

 

こちらの記事もおすすめ!