健康

健康第一!新しい風邪予防対策4つのポイント

1月はいきなり風邪をひいてしまって、まったくやる気がでません(笑)

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

風邪をひいて二週間ほど経ったので、体調はよくなったんですがいまだに咳がとまりません(T_T)

体調をくずしてしまうと、なかなかやる気も復活しないので体調管理は大事ですねぇ‥

 

てことで、今回は今からでもできる風邪予防について書いていきたいと思います。

風邪を予防するための4つのポイント

① とにかく寝る
② 人ごみから離れる
③ 20分おきに水分をとる
④ ガムをかむ

① とにかく寝る

睡眠不足になると、いっきに体調を崩しやすくなります。

寝不足になるだけで、イライラしたりやる気がでなくなるのは誰でも経験したことがあるはず。

 

ちなみに睡眠時間が6時間の人は風邪をひく確率が4倍以上になるそうです。

寒いだけでも体に相当ストレスがかかっているので、風邪の流行る季節こそ睡眠はしっかりとったほうがいいですね。

できれば7時間くらいは寝るようにしましょう。

② 人ごみをさける

風邪をひきたくなかったら、人混みはさけるのがベスト。

例えば、公共交通機関や大型ショッピングモールは注意が必要です。

 

特に注意が必要なのが、イオン等の大型ショッピングモール。

インフルエンザにかかって学校を休んでいるのに、体調が少し良くなると親と一緒に買い物に出かけたりする子供が多いらしいです(連れて行く親もどうかと思うけど‥)

特に平日の昼間に小学生くらいの子供を見かけたら「ウイルス保菌者かも」と警戒したほうがよさそうですね。

 

公共交通機関に関しては、通勤で使っている人も多いと思うので、マスクなどで予防するしかないですね。

また、空気が乾燥していると感染率も高くなるので保湿機能のあるマスクなどを使うといいですね。

③ こまめに水分をとる

「病院の先生はマスクもしていないのに、よく風邪をひかないな」と思ったことありませんか?

実は病院の先生たちは、風邪予防としてこまめに水分補給をしているそうです。

 

ウイルスが、のどや鼻の粘膜に到着してから細胞内に侵入するまでに、最速で20分。

そのため、20分おきに水分補給をすると、感染部分についているウイルスを洗い流せるそうです。

ウイルスは胃におちると分解されるので、感染・増殖することはありません。

仕事中だと20分おきにうがいをするのはキビシイですが、水やお茶を飲むくらいならできそうですよね。

寒いと水分補給を忘れがちですが、しっかり水分とっていきましょう!

[amazonjs asin=”B01BEPNPF6″ locale=”JP” title=”【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)”]

④ ガムをかむ

あまり知られていませんが、ガムを噛むと、風邪やインフルエンザにかかる確率を下げられるそうです。

ガムが風邪予防になるポイントは【唾液】

口の中の粘膜が乾燥していると、ウィルスが増えてしまいますが、ガムを噛むことで唾液が増えるので、口の中を潤し乾燥から守ってくれます。

また、唾液には抗菌作用があり、ウィルスや菌を抑える効果があるといわれています。

のどを潤すのに、のど飴をなめる人もいますが舐めるより噛むほうが唾液の量は増える上に、ムダなカロリーを摂らなくてすみますよね。

キシリトール系のガムなら、歯にもよいのでガムは結構おすすめです。

[amazonjs asin=”B01N8XZ9Q4″ locale=”JP” title=”トクホ 江崎グリコ ポスカ<クリアミント>エコパウチ 初期虫歯対策ガム 75g×5個”]

まとめ

① とにかく寝る
② 人ごみから離れる
③ 20分おきに水分をとる
④ ガムをかむ

今回紹介したこと以外にも、「手を洗う」「うがいをする」「バランスのいい食事をとる」などの基本的な事もやったほうが予防効果は高くなります。

風邪なんてひいても良いことなんて一つもないので、なるべくひかないようにしっかり予防しましょうね

それじゃ、また!

[amazonjs asin=”4478102503″ locale=”JP” title=”一流の人はなぜ風邪をひかないのか?――MBA医師が教える本当に正しい予防と対策33″]

こちらの記事もおすすめ!