健康

コーヒーはこんなにメリットがある!注目する7つの効果とは?

こんにちは、れおなです。

カフェやコンビニでも手軽に飲めるコーヒーですが、今回は効果や効能を箇条書きでまとめてみました。

 

たくさんの良い効果が証明されているので、あまりコーヒーを飲まない人は損してるかもしれません。

 

それでは紹介していきます!

カフェインがダイエットに効きまくる

・飲むだけで食欲をおさえる効果がある。

・カフェインは、脂肪分解酵素を活発にしてくれるのでダイエット効果が期待できる。

・コーヒーポリフェノール(クロロゲン酸)は、溜まった脂肪と食事での脂肪の両方を燃焼してくれる。

・クロロゲン酸は、脂肪や糖質の吸収を抑えてくれるので食前に飲むと効果が期待できる。

・運動をする30~1時間前に飲めば、脂肪燃焼効果が高まる。

・利尿作用があるので、余計な水分を排出して、むくみの解消が期待できる。

アンチエイジング(老化防止)や美肌効果

・活性酸素が増えすぎると、細胞が錆びつくのでシミやシワ、たるみの原因になる。

・コーヒーポリフェノールの抗酸化作用で、体の中の活性酸素を除去&増殖を抑えてくれる。

・心拍数が上昇することによって新陳代謝があがる。

・胃腸の働きが良くなり便秘解消、肌荒れに効果が期待できる。

眠気覚ましに効果あり(覚醒効果)

・香りを嗅ぐだけでも、効果を得られる。

・飲んだ20分後から効果が出始める。

・30~60分後にピークを迎え、4時間くらいは効果が続く。

・中枢神経系を興奮させて眠気をはらい、集中力が高まる。

二日酔いや肝臓に良い効果がある

・二日酔いの頭痛はアセトアルデヒドが原因(血管を広げてしまう)

・カフェインの血管収縮作用によって、頭痛が和らぐ。

・利尿作用による毒素の排出で、頭痛が治りやすくなる。

・カフェインには肝臓機能を活性化させる効果がある。

・肝機能が活性化すれば、毒素を早く分解することができる。

・日常的にコーヒーを飲むことで肝組織が受ける損傷が減り肝硬変を予防する。

コーヒーを飲む人は寿命が伸びる!?

・1日4~5杯のコーヒーを飲むと総死亡リスク低下した。

・男性は12%、女性は16%もよくなった。

・1日3杯のコーヒーで、女性が結腸がんになるリスクを減らせる(男性には効果はない)

・血糖値の上昇を抑えられるので、糖尿病予防や生活習慣病の予防にもなる。

トレーニングをする人にもコーヒーは最適!

・筋トレの効果を高くする。

・トレーニングの1時間前に飲むことで疲れるまでの時間が14%も伸びた。

・コーヒーを飲むだけでマラソンのタイムが5~7分くらい速くなる(有酸素運動のブーストアップ効果)

・カフェインを飲んだ人達は、トレーニングした日から筋肉痛が10%ほど軽減した。

うつ病の予防

・コーヒーを飲んでいる人はうつ病の発症率や自殺率が低いという研究がある。

・コーヒーはリラックス効果が期待でき、カフェインには精神的ストレスを緩和する作用がある。

・幸福感ややる気をアップさせ、うつ病を改善すると言われている。

・全く飲まない男性に比べ、1日に6杯以上飲む人のうつ病のリスクは約70%に落ちた。

・女性の場合でも約10%~20%ほど、うつ病リスクは低下した。

まとめ

眠気覚ましに飲む人が多いですが、コーヒーには色んな効果が期待できます。

 

ただし、ダイエットやトレーニングでコーヒーを活用したい人は必ずブラックで飲みましょう。
砂糖を入れると、すぐ太るので注意しましょう(笑)

 

それとブラックが苦手なら牛乳がオススメ!

喫茶店でよく出てくるフレッシュミルクは添加物のカタマリなので、使わないほうがいいです(ボクは絶対に使いません)

 

コーヒーは長年

「体にいい!」「体に悪い!」

と議論が白熱してますが、最近では健康に良いとする研究が多くなっています。

 

飲み過ぎなければ健康にいいと証明されているので、うまくコーヒーを活用していきましょう。

[amazonjs asin=”4594075940″ locale=”JP” title=”syunkon日記 スターバックスで普通のコーヒーを頼む人を尊敬する件”]

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です