健康

コーヒーの飲み過ぎは逆効果!6つのデメリットと1日の許容量は?

「コーヒーにはメリットがたくさんあるよー」という記事を以前書きました⇩

コーヒーはこんなにメリットがある!注目する7つの効果とは?こんにちは、れおなです。 カフェやコンビニでも手軽に飲めるコーヒーですが、今回は効果や効能を箇条書きでまとめてみました。 ...

 

ボク自身も、元々コーヒージャンキーで一日にかるく10杯以上は飲んでいた時期があったんですよね。

 

そんなコーヒー大好き人間だったわけですが、今はカフェインをなるべく摂らないようにしています。

理由は完全にカフェイン中毒になって、限度を守れなくなっちゃったんですよね(笑)

 

てことで、今回はコーヒーのデメリットと1日の許容量について書いていきます。

☆コーヒーは1日何杯までならいいのか問題

結論から言うと、

 

コーヒーは1日3~4杯程度なら問題ありません。

 

そのくらいの量なら、集中力が増したり健康に良いので積極的に飲んだほうがいいです。

メリットをまとめた記事はコチラ⇩

コーヒーはこんなにメリットがある!注目する7つの効果とは?こんにちは、れおなです。 カフェやコンビニでも手軽に飲めるコーヒーですが、今回は効果や効能を箇条書きでまとめてみました。 ...

 

知っていると思いますが、コーヒーで中毒になる主な原因はカフェイン。

 

カフェインはコーヒー以外の身近な食べ物や飲み物にも含まれているので、注意しないと許容量を超えてしまうことがあります。

コーヒーの飲み過ぎで起こるデメリット

コーヒーの飲み過ぎで起こるデメリットはたくさんありますが、ボク自身が経験した症状をまとめてみました。

1日10杯以上飲む人は、マジでこんな感じになると思います。

胃が荒れる

コーヒーは適量なら、胃の消化補助や整腸作用があると言われてますが、飲みすぎると逆に胃を荒らしてしまうので注意が必要。

 

主な症状はこんな感じ↓

・おなら
・吐き気
・胃潰瘍
・口内炎
・胸焼け
・下痢
・便秘
確かにコーヒーをガブ飲みしてた時期は、お腹が張ってる感じがしてました。
あと口内炎もよく出来てましたね…

心臓に負担がかかる

カフェインは、神経に興奮作用を与えるので飲みすぎると心臓にも負担がかかります⇩

・心拍数が増える
・息が苦しくなる
・不整脈がおこる

海外では

レッドブルを24本飲んで、心臓が飛び出た!

 

なんていうニュースもあったぐらいですから、カフェインの過剰摂取はマジで危険です。

いやぁ・・・怖ッ!

眠れなくなる

コーヒーが好きな人は、夜でも飲んじゃいますよね。

ですが、

 

カフェインの効果は8時間以上続く

 

と言われているので睡眠が浅くなるのは間違いありません。

 

ボク自身「コーヒーを飲んでも夜はグッスリ!」って、よくほざいてましたね(笑)

 

すぐに寝付けるし、朝まで起きはしないので熟睡できてると思ってのですが、どうやらそうじゃないらしいです。

 

これを実際に研究した機関があって

「コーヒーを飲んで眠れていると思っている人の脳波を調べたら、実際はかなり浅い睡眠になっていた」

 

しかも自覚症状がないから、寝ているつもりなのにジワジワ 睡眠不足になっていくという・・・

コーヒーを飲む人は、眠りにつく8時間前くらいで止めたほうがいいですよ。

それだけでも、疲れのとれ方が結構変わるはずです。

不安感、イライラ、自律神経の乱れ、うつ病の引き金になる

コーヒーのメリットをまとめた記事に

「うつ病の予防効果がある」

というふうに書きましたが、飲みすぎると逆にうつ病の原因になります(全部逆になりますな)

 

カフェイン中毒になると、カフェインが切れた時にイライラしたり不安になったりします。

 

精神的にヤバイ!と感じたらカフェインの量を減らすべきです。

 

と言ってもコーヒーが好きな人は、カフェインが原因だと考えないので改善しようがないんですが‥

肌が荒れる

適量だと肌によい効果があるコーヒーも飲み過ぎると逆効果に。

・ニキビ・吹き出物の原因
・シミ・シワの原因

コーヒーは利尿作用が強いので、飲みすぎると必要な水分も失ってしまいます。

 

出しすぎることで、ビタミンやミネラルも一緒に失い肌には悪影響になるってことですね。

まぁアルコールの飲み過ぎも似たような感じかな。

 

また先に述べたデメリットが、肌にも影響してきます(ヤバイ)

・胃があれる→消化不良になり栄養が吸収率が落ちる
・不安感・イライラ→ストレスになる
・睡眠不足→疲れが溜まってしまう

体臭がきつくなる

これまたメリットだった事がデメリットに変わります。

 

カフェインは、腸の機能を促進してくれるので便秘の解消につながると言われています。

便秘が解消されることで体臭が改善されるって原理ですね。

 

でもやっぱり飲みすぎると逆効果!

 

残念ならが適量の3~4杯を超えてしまうと体臭がヤバくなります。

確かにコーヒーばっかり飲んでる、おっちゃん臭いですからね。

 

原因はこんな感じ↓

① カフェインが交感神経を刺激
② 刺激されることによって皮脂の分泌が増える!
③ 皮脂が酸化
④ 体臭ヤバイ!

こういう流れで臭いおじさんの出来上がり。

 

またカフェインの摂りすぎは、肝機能の低下や睡眠不足にもつながります。

そうなると内臓全体の機能も低下して、さらに体臭がきつくなる。
もう負のスパイラルから抜け出せなくなります…

まとめ

コーヒーは適度に飲めば、いいことづくめ!

ただし飲みすぎると毒になるので、飲んでも一日の限度は5杯まで!(できれば4杯まで)

 

カフェインはうまく付き合えば、最高の飲み物。

でも飲みすぎると

 

肌があれて、臭くて、うつ病になって最終的には寿命が縮みます

 

だからね、やっぱりなんでも許容量は守ったほうがいいですね。

 

まぁボクは限度が守れなかったので、カフェイン断ちしましたが…

いつかカフェイン断ちの体験記でも書くとしますね。

 

では、また。

[amazonjs asin=”4826901933″ locale=”JP” title=”カフェインの真実-賢く利用するために知っておくべきこと”]

こちらの記事もおすすめ!