買ってよかった!

アマゾンで中国製自転車ライトを購入したらいい意味でヤバかった

どうも、ゆるミニマリストのれおな(@REONA31)です。

 

今回もまたまた商品レビュー!

自称ミニマリストのくせに最近はやたらと商品レビューが多いですが、必要なモノなのでしょうがない!

今回は自転車用のライトですが、これがないと夜間走行中にポリスメンに引き止められますからねー。

「どうしても欲しい!」ってわけじゃなく、必要なので購入してるだけですから!

そんでもってアマゾンでめちゃくちゃ怪しいライトを購入したのでネタ的要素も狙ってます。

 

◆自転車ライトいきなり逝く!

長いこと愛用していたソーラーパネル搭載の自転車ライトが先日いきなり壊れました⇩

一応乾電池で動くタイプなんですが、太陽光で勝手に充電もしてくれるのでほぼ電池交換がいらないし使い勝手も良かったんですが、スイッチ部分が逝きましたね…

 

点灯はするけどライトを消すことができなくなったので、「あぁこれはだめだぁ」ということで買い替え。

 

また同じモノを購入してもよかったんですが、ブログネタにもなるかなってことで新しいモノを探すことにしました。

 

ちなみに防水仕様ですが、長年雨ざらしにしてたこともあって内部が錆びてました。

これが故障の原因かもしれないですねぇ。

 

◆評価の高い自転車ライトを購入してみた

1日かけてアマゾンで良さげなライトを物色。

お金をだせばそれなりにいいモノはゲットできますが、たいして欲しくもないモノにお金はあまりかけたくありません。

 

さんざん探して見つけたのがコレ⇩

・USB充電ができる
・防水
・テールライトもついてる
・1年間保証付き
・なのに1,500円

というやたら条件のいいライトです。

 

アマゾンにはこういう謎商品(だいたい中国系)が大量に出品されていますが、粗悪品が多い印象があります。

レビューもやたらと高評価が多いうえに、怪しい日本語のものが大量にでてきますが、この商品はちょっと様子が違います。

評価は高いんですが、実際のレビューを見てみると日本人が書いたらしきレビューが大半。

 

初期不良があったとしても積極的に交換をしていて、ちゃんと保証も機能しているようだったので思い切って購入してみました。

 

というわけで、届いたのがこちら⇩

パッケージがつぶれているのは、コンビニから持ち帰るときにつぶしてしまっただけで、元々はアマゾン定番の過剰包装がされていました。

パッケージはもろ中国語で、読めないっすね(笑)

 

なんとなくわかるよ

 

箱を開けてみると、ステキなカードと印刷されたマニュアル。

マニュアルはきれいな日本語で怪しさはありません。

 

 

内容物はこんな感じ⇩

・フロント用ライト
・固定台
・テールランプ
・USBケーブル×2(micro)
・固定用の補助パーツ

1,500円なのに付属品がめちゃ充実してます。

 

こちらがメインのフロントライト。

アルミ製でしっかりしているし質感も悪くないです。

有名メーカーのモノなら、4~5,000円はいきそうな感じ。

 


ライト上部に、点灯⇨消灯用のスイッチ。
右側面にバッテリー残量を確認するためのLEDがあります。

 

底面は固定台にとりつけるための部分と、microUSBのジャック。

防水なので厚めのキャップがついています。

ここの質感も悪くないですね。

 

こちらがオマケ?のテールランプと固定用の補助パーツ。

テールランプはプラスチッキーでチープな印象(めっちゃ軽い!)

とはいえ、こいつも防水仕様だしUSBで充電できるタイプになっています。

これはオマケとしては結構いいかも…

そしてなぜかUSBケーブルは2本も付属。


なんで中国系のガジェットはやたらと、付属品をつけてくるんでしょうね?嬉しいけどさ(笑)

 

◆リーズナブルなのにかなりイイ!!

実際にライトを照らしてみると…

めちゃくちゃ明るい!

マニュアルでは最大400ルーメンらしいですが、今まで使ってたやつより断然明るいです!!

 

ちなみにこちらがライトをつけない状態⇩

 

で、こっちがライトを照らした状態⇩

写真だと分かりづらいかもしれませんが、ほぼ暗闇の状態でこれだけ明るくなるので性能的には問題ないですね。

 

さっきこのライトで街ナカを走ってきたんですが、点滅モードを使うとすれ違う人に嫌がられるくらい明るいです。

人が多いとこでは点灯モードで使ったほうがいいなと感じました。

 

ちなみにスイッチ操作を短めに押すと⇩

・ハイモード(400ルーメン)⇨ローモード(200ルーメン)⇨電源オフ

2秒長押しで⇩

・SOSモード⇨点滅モード⇨電源OFF

 

こんな感じで切り替わります。

 

正直SOSモードなんて使うタイミングくるんだろうか?と思いますが、なんかいいですね。

 

最後にライトを固定するパーツですが、これはレビューでも若干突っ込まれていたものです。

 

写真奥にあるのが、今回購入したモノなんですが「固定力が弱く使っているとライトが倒れてくる」という書き込みがありました。

台を取り付けてみるとたしかに今まで使っていたものと比べると、ガッシリ感はないですね。

 

ただ実際にライトをつけて走ってみたんですが・・・

まったく問題なし!!

 

あえて必要以上に段差を使ってみたんですけど、普通に使えます。

 

まとめ

最近の中華製品はちゃんと選べばコスパ抜群!!

 

まったく期待してなかった今回のライトですが、結果は大当たりでしたね。

質感もいい、ライトの性能もいい、オマケも充実してる、保証もちゃんと使えそう!しかも安い!と今のところデメリットらしいデメリットはありません。

 

耐久性はこれから使ってみないとわからないですが、安くていい自転車ライトを探している人には結構オススメです。

 

最近の中華製品マジであなどれませんね…

 

それじゃまた!

 

 

こちらの記事もおすすめ!