生き方

【ミニマリスト流!】イライラを減らす5つの考え方

どうも、ミニマリストのれおな(@REONA31)です。

今回のテーマは【イライラ】

 

毎日生きているとイライラすることもあると思いますが、それは時間の浪費です。

 

自分の好きなことに集中するためにもイライラする回数を減らしていきましょう!

 

というわけで今回は「イライラを減らすテクニック」を紹介していきます。

 

①誰に対しても期待をしない

期待するのをやめるだけでイライラした気持ちを減らすことができます。

 

普通はどうしても「見返り」を求めてしまうので、見返りがないことで腹が立っちゃうんですよね。

 

次の2つのシーンであなたはどちらの考え方が近いですか?

仕事場で…

Aさん:「自分がやってあげたんだから、何か返ってくるはず」
Bさん:「相手のために何かできたらそれでいい」

 

別の例。ファストフードのレジが混み合ってる時

Aさん:「サクッと注文して食べるつもりだったのに…」
Bさん:「たまたま忙しいタイミングに当たっちゃったけどまぁいいか」

仕事場の例では、Aさんは「お礼の言葉や速い対応」などを無意識で求めているので見返りがないとイライラしてします。

 

ファストフードの例だとAさんの理想は「スムーズに注文できて当たり前」と思い込んでたのに、自分の思い通りにならなかったので気分が悪くなったんですね。

 

逆にBさんはどちらのパターンでも

最初から期待をしていないので全くイライラせずにすみました。

 

ボクもこの考え方を知るまではイライラすることが多かったんですが、

この話を聞いてからは穏やかに過ごせるようになりました。

 

イライラしないためには「Give and Take」じゃなく「Give and Give」の考え方でいるほうがずっと楽なのは間違いないですね。

 

②コントロールできないモノはあきらめる

世の中のほとんどは「コントロールできないモノ」

 

例えば

・信号が変わるタイミング
・電車の遅延
・他人の行動、考え方

こういうモノって絶対にコントロールできないのでイライラしても仕方ありません。

 

ただ変えられるものもあってそれは

・自分の考え方と行動
・未来

この2つはやろうと思えば変えられるしコントロールもできます。

 

信号待ちや電車の遅延にイラつくってことは時間に余裕がないってことです。

だったら早めに行動して時間に余裕をもたせるだけでイライラは減らせます。

 

家族や仕事仲間にイライラする人は心のどこかで

「自分の思い通りに動いてくれる」と考えてたりするはずです。

 

他人の考えや行動なんて一生理解できないし、コントロールできないので期待するのはやめましょう。

 

逆に自分自身なら思い通りに動かせるので、自分をコントロールして考え方や行動、未来を変えていくように心がけたほうがよっぽど効率はよくなります。

 

③イライラは時間のムダだと思い出す

イライラしても時間をムダにするだけ!

というかデメリットしかありません⇩

☑ ひたすら心が消耗。疲れる。
☑ 怒りにとらわれると集中力が消える。
☑ イライラすることで、周りの空気が悪くなる
☑ 怒っているだけで「頭がわるそう」と思われる
☑ イライラすると自分を含め周りの人のパフォーマンスも落ちる

イライラしても何ひとついいことないんです!

 

ストレス発散になるどころかストレスは増えるし、精神的にもよくありません。

 

しかも仕事場でキレている人がいたりすると、場の空気がめちゃくちゃ悪くなりますよね?

あの空間にいると仕事の効率が圧倒的に下がるという研究もあるので本当にイライラするのは時間のムダになります。

 

あと悲しいことに怒っている人は「バカ」だと思われるので注意しましょう。

 

怒るということは・・

「感情を抑えることができない、精神的に成熟してない未熟者です!」

と宣言しているようなもの。

 

バカだと思われたくないなら人前でキレるのはやめたほうがいいですよ(笑)

 

④嫌な人に出会っても「かわいそうな人だな」と考える


生きているとどうしても「イヤな奴」に出会うことはあります。

職場でも街でも「なんなんだコイツは!!」みたいな人いますよね。

 

ボクはそういう人に出会ったら

れおな
れおな
「かわいそうな人だなぁ…」

と心の中でつぶやいてます。

 

ここまで読んできた人なら理解できると思いますが、怒る人って基本的に頭が悪いんですよね。

 

怒っている人は⇩

☑感情をコントロールできない
☑怒ることの無意味さを理解してない
☑自分をコントロールできていないことに気づいていない

思考力でいったら半分ケモノなので相手にしても仕方ないです。

 

それと同時に心の中で

れおな
れおな
「なんでこの人はイヤな奴なのか?」

と客観的に分析するのも面白いですね。

 

反面教師として「こういう考え方や行動するのはやめよう」と勉強になるので自分が成長できるチャンスだ!と思って相手してあげましょう(めんどくさいけど)

 

研究対象として観察することで”感情”が減るのでイライラは減ります。

 

⑤ヤバそうな人には近づかない

「触らぬ神に祟りなし」ってやつですね。

 

とにかく危険なニオイのする場所や人には近づかないってのは結構重要。

 

人の集まるところにいけばトラブルに合う確率は増えるので、なるべくいかないようにするとか

学校や職場で毎日会うような人は、なるべく接触しないように心がけます。

 

変に敵対関係ができると面倒くさいので

「好きじゃないけど、嫌いでもないよ」

くらいの雰囲気で接するのが一番!

 

それでもイヤな奴が近づいてきたら④番の「研究対象」として観察してあげましょう。

まぁ相手にしなくてすむならそっちのほうがいいんですけどね・・・

 

まとめ

イライラを減らす5つの考え方

①誰に対しても期待をしない
②コントロールできないモノはあきらめる
③イライラは時間のムダだと思い出す
④嫌な人に出会っても「かわいそうな人だな」と考える
⑤ヤバそうな人には近づかない

 

れおな
れおな
変えられるモノ=自分だけ!!

 

というわけで「イライラを減らす5つの考え方」でした。

 

他人は思い通りには動いてくれないので、自分を律して気持ち穏やかに暮らしていきましょう!

 

それじゃ、また!

こちらの記事もおすすめ!